連載

メタルヘルス

TEXT & PHOTO:桜坂秋太郎
読者提案企画第一弾『メタルヘルス』です。40歳以上の方はご承知と思いますが、2008年4月から新しい特定検診制度「メタボリック症候群検診」(以下メタボ検診)が施行されました。

具体的には、40歳から74歳の国民すべてが「メタボ検診」を受けることが義務づけられています。結果が良好でない場合、3段階の保健指導を受けなければなりません。

そして私は良好ではない結果により、現在保健指導を受けている最中です。動脈硬化の原因となる内臓脂肪の蓄積により、生活習慣病の予備軍となります。
それが「メタボリックシンドローム」(以下メタボ)と呼ばれるものです。

一般的には、ウエストが男性85cm以上、女性は90cm以上というのが「メタボ」と認識されています。私のウエストは73cmで「メタボ」基準には達していませんし、バリバリの肥満体でもないと思っています。

ではなぜ「メタボ検診」で引っかかったのかというと「BMI」の数値です。「BMI」は肥満度の計算式で、肥満指数が25を越えると「メタボ」と判定されます。
「メタボ」話については、連載していく中で、徐々に深い話をしたいと思います。

●BMIとは?
肥満度の判定方法の一つ。BMIは「ボディ・マス・インデックス」の略で、肥満指数です。計算式は「体重(kg)/身長(m)2」で求められます。BMI指数の標準値は22.0です。
体脂肪率とも相関していて、標準から離れるほど有病率が高くなります。「BMIチェック」で検索すると、手軽に指数を知ることができるサイトがありますので、
「メタボ検診」前の40歳以下の方も、是非一度チェックしてみてください。

さて、読者提案企画第一弾ということですが、発端は「往年のスーパージョッキー名物コーナー『熱湯コマーシャル』みたいなネタやってよ!」という一言から始まっています。

もちろん新しいロックメディアを目指す「ビースト」ですから、スタッフが体を張って何かするのは、やぶさかではありません。しかし突拍子も無いこととロックをどう結びつけたらいいのか、一ヶ月は悩みました。

いくつかアイデアが生まれ、実現の可能性も探りましたが、予算と時間と大人の問題が大きく、「いずれ取り組もう!」ということで終わりました。
しかし、もっと手軽に読者もすぐ実行できるようなアイデアは無いものか? さらに考えた結果、ロックを聴きながら走るだけならタダ!誰でもすぐ実行可能!という今回の企画が生まれました。

大変残念なことに、スタッフの中では現役の「メタボ」は私一人。誰かを指名することもなく、自ら挑むしかない企画となりました。
「ビースト」読者の主流を担う中年世代の「メタボ」担当として頑張ってみたいと思います。

私はロックといえども少しでも軽快なBGM、例えば【ビートルズ】や【モンキーズ】などの「モップトップ」(マッシュルームカット)なロックを聴きながら走りたいと思っていました。

これも残念なことに、選曲担当Sさんの「やっぱ『ヘヴィメタル』っしょ、それもバリバリのやつね。企画名もずばり『メタルヘルス』が最高じゃん」という流れから「メタボ」改善に向けた「ヘヴィメタル」に決まりました。
ヘヴィなメタボにならないよう気をつけろ!という意味があるのでしょうか。

今回選ばれたバンドは【ドラゴンフォース】というイギリスのメロディック超スピードメタル。選曲担当Sさんいわく「明るくて爽やかな疾走系だからさ、走るのに合うと思うよ!ちょっと長いけどね」

そうです。この企画は、特定のアーティストのアルバムをまるまる一枚聴きながら走るというもので、アルバムを聴き終わるまでは走り続けなければなりません。
「メタボ」な方なら、これはやる前からかなり厳しいミッションなのはご理解いただけるかと思います。

指定されたアルバムは、【ドラゴンフォース】のビクターエンタテインメントから2003年に発売された1stアルバム「ヴァレイ オブ ザ ダムド」です。
事前にまずは曲の長さを確認します。それ以外に神経がいきません。

“1.Invocation Of Apocalyptic Evil(0:13)””2.Valley Of The Damned(7:12)””3.Black Fire(5:46)””4.Black Winter Night(6:30)””5.Starfire(5:53)””6.Disciples Of Babylon(7:16)”
“7.Revelations(6:52)””8.Evening Star(6:38)””9.Heart Of A Dragon(5:22)””10.Where Dragons Rule(5:49)”
何とトータル1時間近いことが判明!慣れるまではミニアルバムからスタートしたかったのが正直な気持ちですが、男たるもの決まったことに文句は言いません。

この【ドラゴンフォース】は、イギリスのバンドとなっていますが、メンバーは多国籍で珍しい構成です。「ZPサート」〔Vocal〕は南アフリカ。「サム トットマン」〔Guitar〕はニュージーランド。
「ハーマン リ」〔Guitar〕は香港。「ヴァディム プルツハノフ」〔Keyboard〕はウクライナ。「フレデリク ルクレルク」〔Bass〕はフランス。「デイヴ マッキントッシュ」〔Drums〕はイギリス。
現在のラインナップです。

デパートの催し物会場「名産品特産品フェア」のような凄さがあります。醍醐味はやはりキャッチーなメロディーと超絶ハイスピードです。
テクニックもあり曲も素晴らしいのは間違いありあせん。特にタイトルチューンの”Valley Of The Damned”は、名曲と言われるだけあって7分を越える楽曲としては最強かつ最速の部類だと思います。

ただ一つ、あえて一つ言わせていただければ、走るには曲のスピードが速すぎて、走るリズムと曲のテンポがまったくかみ合いませんでした。大変厳しく苦しい1時間だったことをお伝えしておきます。


この企画のために押入れから取り出した
ボロボロの体重計

【ドラゴンフォース】実施前の体脂肪の数値は20%

【ドラゴンフォース】実施前の体重の数値は64.6kg

【ドラゴンフォース】実施中その1

【ドラゴンフォース】実施中その2

【ドラゴンフォース】最後の一曲が終わりフィナーレ

【ドラゴンフォース】実施後の体脂肪の数値は18%!

【ドラゴンフォース】実施後の体重の数値は63.6kg!
photo
<今回取り上げたアルバム>
ドラゴンフォース
ヴァレイ・オブ・ザ・ダムド

レーベル:ビクターエンタテインメント
リリース:2003.05.17
品番:VICP-62258
価格:¥2,520(税込)

ドラゴンフォース・オフィシャルサイト


 
 
  コラムニスト
戦国★コンプレックス
戦国★コンプレックス
2022年10月30日更新
第8回「鎌倉見仏記」
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話