演奏

Banner

TEXT & PHOTO:桂伸也


本誌BEEASTのコラム陣の中でもその独特なミュージシャン・ライフを描き出し人気を集めている和嶋慎治。自身のバンド人間椅子での活躍はもちろん、一ギタリストとして様々なバンドやセッションでの活躍も目覚しい。そのプロジェクトの一つとして際立つものが、和嶋工務店だ。彼のギター・スタイルの原点ともいえるブルースというスタイルをモチーフとし、且つ「工務店」という名に象徴されたユニークな味を加えたサウンドは、人間椅子とはまた違った魅力を持ちファンたちを魅了している。その和嶋工務店を中心に、彼らにゆかりのあるメンツが集い行われたこの日の対バンイベントの模様を、今回は振り返ってみよう。 

1.Psychedelic Lollipop
 
◆メンバーリスト:
阿部 隆之(以下、阿部 :Guitar &Vocal)、Aika(Bass &Vocal)、酒井愁(以下、 :Drums)
 
Photo Photo Photo Photo

SEから軽い足取りで登場した3人。フロントマン阿部、グルーヴィーなベース・ラインを生み出すAika、そして涼しい顔で強力なビートをたたき出す。シンプルに8ビートをドライブさせるそのサウンドはゴテゴテとしたフィル・インが見られるわけでもない、にもかかわらず阿部の歌うメロディの中に物語のような展開を感じる。その名の通りサイケデリックでかつグラム・ロック的な雰囲気の中にも、シンプルでポップなハーモニー。曲の展開にはいろんな仕掛けがあり、まるでおもちゃ箱のような楽しさを会場一杯に振り撒き、観衆をウキウキした気持ちにしていく。
 
5曲目の「Do the Sugar」では阿部に変わりAikaがメイン・ヴォーカルをとり、ポップで楽しい雰囲気の中に、何か切ない哀愁のようなフィーリングを作りサイケデリック・ロリポップの違う一面を見せてくれた。そのビートが激しくなるに従い、暖まっていく会場。フロントの二人が素敵なハーモニーを作る上で、の作るリズム・セクションはバンドの強い支えとなった。ラストの「Lick Lip Lolly」では、サビの部分でリズムに合わせた阿部Aikaの振り付けも入り、すっかりステージに引き込まれた会場の声援も加わって、第一ステージとして幸先の良いスタートを切った。
 
Photo Photo
 
Photo Photo
 

Photo
◆公式サイト
http://psychedeliclollipop.com/
◆セットリスト
M01. ティニーボッパー
M02. 魅惑のチョコルーム
M03. マイ・ジャーニー
M04. Magic Pot
M05. Do the Sugar
M06. Sweet Moment
M07. Little Witch
M08. Daydream
M09. マリーの罠
M10. Lick Lip Lolly

2.椅子ニンゲン
 
◆メンバーリスト:
けんちゃん鈴木研一 :以下、鈴木 :Bass &Vocal)、わじわじ和嶋慎治 :以下、和嶋 :Guitar &Vocal)、なかじナカジマノブ :以下、ノブ :Drums)
 
Photo Photo Photo Photo

その名前の思わせぶりから、何か特別なことを見せてくれるのかと観衆を大いに期待させた椅子ニンゲン。全く喋らないキャラとなったノブと、まるでカタギとは思えない、白の着物とサングラス姿の鈴木。しかし初っ端のMCより鈴木が、「こんばんは、人間椅子です!」といきなりのネタばらし。この日はオープニングとして、デビュー前のプレイ・バージョンによる「造反有理」を披露。この日訪れたファンにはたまらないプレミアムなひと時を与えてくれた。素直に響く和嶋のヴォイスに対し、ファズの効いたベース音でドライブ感たっぷりにステージを盛り上げた鈴木は、必至の形相と共に強力なインパクトをもった声を聴かせ、和嶋とのコントラストで更に椅子ニンゲンサウンドに厚みを作る。
 
アメリカン・ロックのようにグルーヴィーな雰囲気を見せる「神経症I LOVE YOU」と、彼らがイカ天をステップとしてデビューしていた頃、人々が彼らに対してイメージしたBlack Sabbath的なサウンドを髣髴とさせる「桜の森の満開の下」へ、また会場に大きな盛り上がりを作る。たった5曲のステージだったがマニアにはたまらないプレイもあり、楽曲の幅も豊富で、ファンが「来てよかった」と思わせられるスペシャルな夜を演出した。
 
Photo Photo
 
Photo Photo
 

Photo
◆公式サイト
人間椅子オフィシャルサイト
http://ningen-isu.com/
◆セットリスト
M01. 造反有理
M02. わたしのややこ
M03. 陰獣
M04. 神経症I LOVE YOU
M05. 桜の森の満開の下

3.和嶋工務店
 
◆メンバーリスト:
和嶋慎治(以下、和嶋 :Guitar &Vocal)、山本征史(以下、山本 :Bass &Vocal)、金光健司(以下、金光 :Drums &Vocal)
 
Photo Photo Photo Photo

いよいよこの日のトリを務める和嶋工務店が登場。サイケデリック・ロリポップから椅子ニンゲンと続いた展開の結末に、土方の成りをした3人の登場で、また変わった雰囲気を見せた。鈴木のベースによるオドロオドロしさとは対照的に軽快でグルーヴィーなサウンドを奏でる山本のベースと金光のドラムが曲のノリを作り、様々な展開を見せる。「くつした君」ではサイケデリック・ロリポップ阿部がゲストとして登場、歌にあわせた紙芝居でまたユニークな雰囲気を作り出し、観衆を和ませる。更には演歌調の「北赤羽の夜は更けて」など、その世界観は独特。その物悲しい雰囲気はブルースがテーマの彼らとしては合致するポイントもあってのことと見た。
 
更に「東京ラヂオデパート」から続いて歌われた「ボインの歌」はこのバンドの真骨頂ともいえるスローブルース。落語家の月亭可朝のネタに通じるようなその歌は、ユーモラスでシュールな雰囲気を醸し出し、「これぞまさしくブルース!」といった雰囲気を醸し出す。和嶋の歌は、歌心たっぷりのギターと合わせて絶妙なハーモニーをかなで、音楽ファン、ブルース・ファンが満足できる贅沢な空間を演出する。ラストの「トンネル天国」ではハードなロック・サウンドの上で、3人のコーラスを絡めた豊かなグルーヴが会場を熱くする。「トンネル」こそ「工務店」を強く象徴するものであり、彼らを大きくアピールするもの。そして3人の意志がコーラスのハーモニーでぴったりと合致し、観衆を大きく揺らす。楽しさやブルースならではの味、ユーモアなど様々な要素で観衆の気持ちを満足させ、彼らはステージを降りた。
 
Photo Photo
 
Photo Photo
 

Photo
◆公式サイト
Myspace オフィシャルサイト
http://jp.myspace.com/wajimakoumuten
◆セットリスト
M01. ホッピーヒッピーハッピー
M02. 欲望という名の現場
M03. Take You Out
M04. くつした君
M05. 北赤羽の夜は更けて
M06. 東京ラヂオデパート
M07. ボインの唄
M08. トンネル天国

4.アンコールセッション
 
Photo Photo Photo Photo

Photo Photo
 
Photo Photo
 
アンコールは、それまでに登場したミュージシャン全員をステージに呼び込みセッション。和嶋工務店の面々が音楽的な主導をとり、個々の登場者におでんの具の名前を歌ってもらうという趣向の「おでんの歌」を披露。ある意味インプロビゼーション(即興)を求めるブルースならではの興味深い趣向だ。それぞれの歌の中で、サイケデリック・ロリポップ阿部Aikaがメロディと歌いまわしをポップに乗せていたのに対し、椅子ニンゲン人間椅子)の鈴木ノブはまったくメロディもリズムも無視、それでもなにかインパクトのある見せ方をしているのが好対照で、またこのセッションに彩を与えてくれた。その周りではしゃぐようにプレイする和嶋山本金光。その様は、その場にいるだけで気持ちがワクワクしてくるような楽しさを与えてくれる。楽しい時は早く過ぎるもの、とばかりに宴もたけなわ、大盛況のうちにイベントに幕を閉じた。
 
Photo Photo
 
Photo Photo
 

ブルースといえば黒人音楽という解釈は通例だが、和嶋工務店の奏でるブルースは、「ブルースを日本人的に解釈したらこうなる」というアプローチに溢れている。「笑いあり、涙あり、その中にメロディがある」彼らのサウンドからは、単にマイナー・ペンタトニックやサブドミナントなどといった実際に耳に聴こえるもの以上のフィーリングを感じる。誰かの意図で生まれたわけではないブルースは、これといったスタイルを持たないが、ここには「和嶋達のブルース」というスタイルが明確に見える。また、PSYCHEDELIC LOLIPOP椅子ニンゲンという彼らのバックグラウンドがこの日合わせて見られたことで、彼らのブルース・フィーリングは一層際立って見られた。
 
人間椅子という絶対的な活躍の場を持ちながらも、様々な方面で創作意欲旺盛に多彩な活動を続ける和嶋を中心に、山本金光という強力なバックアップと共に「親切丁寧」な仕事を繰り広げた和嶋工務店。次の現場は、はたしてどちらの方角へ?きっと彼らの作る楽しい「工事」が、また人々を楽しませてくれるに違いない。
 

★読者プレゼント★
PSYCHEDELIC LOLIPOP、椅子ニンゲン、和嶋工務店のサインを、抽選で1名様にプレゼント!
 
ご応募方法は“BEEASTファンクラブ”の方にお届けする「週刊ビースト瓦版(無料メルマガ)」にて記載いたします。
 
BEEASTファンクラブ”はコチラの『BEEASTファンクラブ』ページより簡単登録(完全無料)可能!
 
※『ファンクラブ』ページにある登録内容を送信してください。携帯からアクセスされている方はコチラに空メールを送信していただくか、ページ上のQRコードを読み込みの上メールしてください。仮登録の登録画面のメールが届きます。
【重要】携帯電話のドメイン指定受信を設定されている方は、prius-pro.jpのメールを事前に受信できるよう設定してください。

 


 
 
  コラムニスト
戦国★コンプレックス
戦国★コンプレックス
2022年8月4日更新
第7回「戦国好男子」
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話