演奏

TEXT & PHOTO:桂伸也

今年6月から始まった『コンチェルト・ムーン炎の三番勝負』もいよいよクライマックスを迎えた。真のヘヴィ・メタルを追求するCONCERTO MOONのこれまでの挑戦では、人間椅子、EARTHSHAKERといった強力な面子と壮絶なバトルを展開してきたが、その最後を飾る対戦相手は、日本ヘヴィ・メタル界の重鎮UNITED。卓越した美しいメロディ・ラインと、ハードでヘヴィなサウンドを融合したCONCERTO MOONと、バイオレンスでワイルドなUNITEDという異色の組み合わせには、ヘヴィ・メタル・ファンの興味も大いにくすぐられ、会場に集まらざるを得なかったようだ。この日もオープン後すぐに多くの観衆がフロアを埋め、彼らの登場を今か今かと待ち構えていた。今回はこの白熱したイベントの模様を、お送りしよう。

1.CONCERTO MOON
 
メンバーリスト:
島紀史(以下、: Guitars)、久世敦史(以下、久世: Vocals)、長田昌之(以下、長田: Drums)、三谷耕作(以下、三谷: Support Bass)、遠藤均(以下、遠藤: Support Keyboard)

 
Photo Photo Photo Photo

いよいよ最終戦を迎えたこの日も、CONCERTO MOONの気合いは十分、いや、いつも以上に気迫を込めた表情を見せていた。武者震いさえ湧いてきそうな勇ましき表情を見せていたVol.1,2だったが、今日の四人には、もう何の迷いもないという気持ちの座った表情が、さらに強い緊張感をかもし出していた。
 
キーボードの遠藤が心強いサポートとして存在していたことも、そのアクティブな雰囲気を作る要因となったようにも見えた。この日ものっけから、下っ腹に響くビートが持ち味の「Find The Key」から、イントロより三谷のタッピングによる高速ユニゾンフレーズが聴かせどころを作ってくれる「Strangers」と、全く引く様子を見せない、強烈な印象で会場を一気に興奮の絶頂まで引き上げた。
 
Photo Photo

Photo Photo

「炎の三番勝負 最終戦へようこそ!やる気は満々だ!どうだい!!」久世がこの日の開幕を告げた。このイベント全てで開幕の辞を告げてきた久世だが、その姿がすっかり板に付いたようにも見えた。実力派ギタリストであり、リーダーであるがクローズアップされることの多いCONCERTO MOONだが、その中でもしっかりと実力を付け、このバンドのフロントマンとしてふさわしい存在に成長している様子がうかがえる。そんな久世を中心に、全力投球でステージに立ち向かうメンバーの技が冴える。
 
表情までも駆使しノリを作る長田は、この日バンドの中でいちばんクールな表情を見せていたが、そのドラムプレイから叩き出されるリズムは、腹の奥から響いてくるバスドラムの音を中心に強烈なグルーヴを形成。その上で三谷は、サポートとしておくのが惜しいくらいにコンビネーション抜群のベースラインで、バンドサウンドのアウトラインを決定づける。さらにロック・ギタリストとしての実力を遺憾なく発揮する。しかもこの日はちょうど対照的な存在として遠藤がいたこともサウンドの厚みを作る上で頼もしく、逆にサウンドの主導を握る意味でライバルのような存在となり、いつも以上の緊張と興奮を会場に蔓延させて、観衆の注意をステージから一時も離さなかった。
 
Photo Photo

Photo Photo

「みんなの声をもっと聞かせてくれないか!?」久世が観衆に呼びかける。このイベントも大詰め、最高のフィニッシュ、勝利を絶対的なものとするべく、覚悟を決めた彼ら。これまでのステージでも、終盤のラストスパートへの序章として必ずプレイされた「From Father To Son」は、この日も爆発的な盛り上がりをフロアから発生させた。「まだまだいくぜ!」久世の一言で、さらなる盛り上がりを見せてステージは進む。
 
遠藤のコンビネーションは抜群、バッキングではサウンドに厚みと広がりを持たせたハーモニーを形成し、互いのソロでも全体の音やせをしないように気を配る。そんな中でも相手の出方を見ながら自分のソロパートになると、「どうだ!」といわんばかりに超絶ソロを繰り出し、強烈なバトルを展開。圧巻のその様に、笑顔で狂ったように腕を振り出しながら応戦する観衆。終始途切れない緊張感のまま、ラストナンバー「Change My Heart」までプレイを完遂。この日の対戦相手であるUNITEDに対してCONCERTO MOONのいちばん攻撃的な部分を存分に披露して対抗、観衆も大満足のステージにフィニッシュを飾った。
 
Photo Photo

Photo Photo

2.UNITED
 
メンバーリスト:
KEN-SHIN(Vocals)、吉田”Hally”良文(以下、吉田: Guitars)、大谷慎吾(以下、大谷: Guitars)、横山明裕(以下、横山: Bass)、Akira(Drums)
 
Photo Photo Photo Photo

UNITED!」登場する前から、フロアから大きな声で彼らを呼ぶ声が響いた。そしてオープニングSEが流れるとそれは大きな合唱の渦となり、オープニングの緊張感を一層高めた。そして一人、また一人とステージにメンバーが現れると、その声はさらに甲高い叫び声に変わった。そして最後に現れたKEN-SHINが叫びの第一声を上げると、会場の興奮は最高潮に達した。
 
ステージは彼らの代表曲「SNIPER」で幕を開けた。のっけからフロアを指でかき回すようなしぐさを見せるKEN-SHIN。サークル・ピット必至の彼らのステージに、観衆は待っていましたとばかりに激しいぶつかり合いを見せた。「Are you having fun tonight?楽しんでいますか?竜巻を見せてくれ!俺たちに負けないようにな!Are you guys ready!?」「Yeah!」KEN-SHINの呼びかけに、また必死の歓声で応える観衆。
 
Photo Photo

Photo Photo

最前列ではもみくちゃになりながらライブを楽しむ観衆の様子が見られた。曲のサビで見られる掛け合いもまた、UNITEDの持ち味ともいえる。さらに、吉田、大谷によるギター・ソロが曲中にエアポケットのような空間を作り上げ、まるで墜落するほどの快感と解放感を観衆に与えてくるスペースを作り上げ、その空気に浸った観衆はまるで暗示にかかったようにモッシュを激しく、大きくしていく。
 
ミディアム・テンポの「Mosh Crew」では、その勢いはさらに強くなった。それでもKEN-SHINはさらに観衆をあおってくる。「おい!声ちっちぇーよ!」「手を挙げろ、渋谷!」まさにメタル・モンスターともいうべき強烈なインパクトだ。その印象が人を変えるのか?クールな表情で強じんなビートを叩き出すイメージのAkiraが、この日は終始自らのビートに興奮し、狂喜しているようにも見えた。その様子に感化されたのか、リーダー横山のアクションにも鋭さが増したように見えた。
 
Photo Photo

Photo Photo

その威圧感さえ感じさせるコワモテのルックスと、日本人以上に流ちょうな日本語での、ユーモアたっぷりのMCが織りなすギャップは、KEN-SHINのチャームポイントの一つ。この日も要所のタイミングで、そのMCでクールダウンを行い、曲に移れば強烈なパワーをフロアに振りまき、観衆を興奮の絶頂まで引き上げた。まさにアメとムチによる喜びを与える、ヘヴィ・メタルならではの魅力にマッチしている。ステージは終盤に移り、アルバム『Tear Of Illusions』の、重要なテーマを持ったナンバー「Hollow」へ。サビでの強力な掛け合いがフロアとステージで繰り広げられる。「We are UNITED!」「We are UNITE as one!!」悲しいイメージの詞がこのサビの掛け合いで歌うものを一体にすることで、そのイメージを超越する。
 
そしてステージはクライマックスを迎えた。攻めることが日常といえるほどの勢いを持つUNITED。曲のブレイクではウォール・オブ・デスが登場、ラストに近づくにつれダイブまで発生する始末。「Untied」でステージは終わりを迎えたが、さらに彼らをステージに連れ戻すべく、フロアから「One more!!」と力強いアンコールが何度も響き渡り、再び5人はステージに登場した。そして渾身の「Violence Jack」と共に、熱いステージに見事なフィニッシュを決めた。
 
Photo Photo

Photo Photo

3.セッション
 
Photo Photo

Photo Photo

横山のリードで再び登場したCONCERTO MOON久世。普段の親密さを感じさせる軽いトークが交わされた。「あれだけ暴れたけど、もう一曲いけますか?どうだい!?」「Yeah!」久世の呼びかけに、観衆が応える。そして、いよいよお待ちかねのセッションコーナーへ。UNITEDCONCERTO MOONという、普通ではなかなか見られない競演に観衆はまた興奮心をあおられる。そしていよいよスタート。全員の序章からブレイク、そして島のギターだけがイントロを奏ではじめると、フロアから大きな歓声が沸きあがった。
 
曲はRAINBOWの「Kill the king」。普段は全く違う音楽を追求する二つのグループが、共通する音楽でつながりあう、その光景がそこに広がった。疾走するAkiraのリズムの上で、顔を合わせる横山久世、ツイン・メロディを奏でる大谷。目を合わせるたびに、言葉にならない共振のようなコミュニケーションが、ステージのあちこちで発生する。興奮のステージに観衆も大満足。3回にわたるCONCERTO MOONの挑戦は、こうして有終の美を飾った。
 
Photo Photo

Photo Photo
 

◆セットリスト
CONCERTO MOON
M01. Find The Key
M02. Strangers
M03. 30min In The Darkness
M04. Into The Fire
M05. Angel Of Chaos
M06. From Father To Son
M07. Climb Up
M08. Savior Never Cry
M09. Change My Heart

 
UNITED
M01. SNIPER
M02. S.R.S
M03. Combat!
M04. My Inner Revenge
M05. Fight Fear Kill
M06. Kill Your Sence
M07. Mosh Crew
M08. Revenger
M09. Hollow
M10. Fate
M11. Cross Over The Line
M12. Untied
Encore
E01. Violence Jack
 
Encore(Session)
E01. Kill the King(RAINBOW)

 


 

Photo
◆ 公式サイト
 
CONCERTO MOON
http://concerto-moon.com/
 
UNITED
http://www.united-official.com/

 


 
◆ライブ情報
CONCERTO MOON:
ファン投票による選曲で行うファン感謝ライヴ「REQUEST OF THE MOON」
2012年12月21日(金)目黒 鹿鳴館
<来場者特典>
2013年発表予定の10thアルバム用のデモ音源(1曲)と、演奏曲の順位表をプレゼント!
詳細:
http://concerto-moon.com/?p=2710
 
UNITED:
 
MEANING presents “SPOOKY ZOO 2012”
2012年12月09日(日) 川崎クラブチッタ
w/MIANING / F.I.B / FORWARD / LiFE / OVER ARM THROW / SAND / THINK AGAIN / ねごと / ASPARAGUS
 
-AION vs UNITED- 吉祥寺巌流島決戦
2012年12月22日(土) 吉祥寺 LIVE HOUSE CRESCENDO
w/AION
 
KEEP AND WALK VOL.10 3 Days Special(DAY 2 ~Resolution~)
2012年12月29日(土)柏ALIVE
w/ MILKCOW / COHOL / Yusuke Watabe and more…

 

 
ステージを終え、楽屋でくつろいでいた彼らの表情が印象的だった。プレイの後にそれぞれの笑顔の奥に見えたものは、「やることはやった!」というような達成感よりも、まるでロックに憧れたキッズが好きな曲を気の置けない仲間と共にプレイし、楽しんでいるだけの表情だった。この日のイベントを楽しんだ観衆はお気づきだっただろうか?大谷RAINBOWのロゴが入ったシャツを着てプレイに興じていた。そのことを仲間内と楽しそうに話していた彼の表情は、ロックに魅せられて興奮しているギター少年のようにワクワクした様子そのものだった。様々な音楽遍歴を通過し、この位置まで登り詰めた彼らだが、その芯の部分はやはりギターの音に興奮し、ステージに憧れるロック少年。そんな雰囲気は、これまで行われた3回のイベントにも同様に見られた。
 
それぞれのスタイルで、独自のサウンドを追求するツワモノたちのルーツはまさしくそこにある。そこのことを明確に表したこのイベントで、彼らは次の挑戦に向かうためのカギを見つけ、新たなステップへの扉を開いた。さて彼らは、次はどのような展開を見せてくれるだろうか?ロックを愛する心を忘れないクレイジーな彼らだけに、また狂喜するほどの興奮のステージを見せてくれることは間違いないはずだ。

 

東京音協主催 今後のライブ予定
 
Voices of Rainbow Special Live in Japan 2013 
グラハム・ボネット!ジョー・リン・ターナー!ドゥギー・ホワイト!歴代レインボーのヴォーカリストのうち3人が日本に再び集結!

1)ALCATRAZZ featuring GRAHAM BONNET
※バンドメンバー:Howie Simon, Tim Luce, Bobby Rock
2)JOE LYNN TURNER & DOOGIE WHITE with AKIRA KAJIYAMA
※バンドメンバー:梶山章(JLT)、永川トシオ(GERARD)、長谷川淳(GERARD)、ナカジマノブ(人間椅子)

日時及び会場
2013年3月12日(火) 東京:中野サンプラザ
OPEN 6:30PM / START 7:00PM
前売¥8,000(税込・全席指定)

2013年3月13日(水) 名古屋:ボトムライン
OPEN 6:00PM / START 7:00PM
前売¥8,000(税込・スタンディング・ドリンク代別途) 
2013年3月14日(木)大阪:梅田クラブクアトロ
OPEN 6:00PM / START 7:00PM前売¥8,000(税込・スタンディング・ドリンク代別途)

詳細内容:
※入場時ドリンク代別途必要。

お問合せ:
東京音協 03-5774-3030

 

★読者プレゼント★
CONCERTO MOON、UNITEDの見開きダブルネーム仕様のサインを、抽選で1名様にプレゼント!
 
ご応募方法は“BEEASTファンクラブ”の方にお届けする「週刊ビースト瓦版(無料メルマガ)」にて記載いたします。
 
BEEASTファンクラブ”はコチラの『BEEASTファンクラブ』ページより簡単登録(完全無料)可能!
 
※『ファンクラブ』ページにある登録内容を送信してください。携帯からアクセスされている方はコチラに空メールを送信していただくか、ページ上のQRコードを読み込みの上メールしてください。仮登録の登録画面のメールが届きます。
【重要】携帯電話のドメイン指定受信を設定されている方は、prius-pro.jpのメールを事前に受信できるよう設定してください。

こちらも是非ご覧ください。
 
CONCERTO MOON:
Dos a tres caidas ! ~コンチェルト・ムーン炎の三番勝負~Vol.2 2012/8/26 @Shibuya BOXX
http://www.beeast69.com/report/36056
Dos a tres caidas ! ~コンチェルト・ムーン炎の三番勝負~Vol.1 2012/6/23 @Shibuya BOXX
http://www.beeast69.com/report/34660
OUTBREAK7周年&長沢生誕記念 島紀史・長沢共同企画イベント
http://www.beeast69.com/report/17275
密着レポート第3弾Concerto Moon「ANGEL OF CHAOS」ツアーファイナル
http://www.beeast69.com/feature/2527
Let The Music Do The Talking ~テイク9「島紀史(CONCERTO MOON)」
http://www.beeast69.com/feature/113
CONCERTO MOON 関東5Days
http://www.beeast69.com/gig/462
UNITED:
•密着レポート第5弾 UNITED 30th Anniversary Gig “THE FINAL” Part 2
http://www.beeast69.com/feature/4338
•密着レポート第5弾 UNITED 30th Anniversary Gig “THE FINAL” Part 1
http://www.beeast69.com/feature/4333
Paul Di’Anno
http://www.beeast69.com/gig/1849

 


 
 
  コラムニスト
SABER TIGER
SABER TIGER
2018年7月14日更新
SABER TIGER「牙虎見聞録」第19回
The HIGH
さかもとえいぞう
2018年7月12日更新
人生の宿題その2
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2018年4月7日更新
第十回「名言集」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2018年4月12日更新
第19回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年12月10日更新
その7「Heart Of Gold」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2018年5月22日更新
Progressive Man 第40話