演奏

lead_hpp0318

TEXT & PHOTO:桂伸也
HEAD PHONES PRESIDENT alteration TOUR×club asia 20th Anniversary
2016.03.18 @渋谷 club asia
HPP005日本を代表するヘヴィロックバンドのHEAD PHONES PRESIDENTが、3月20日に渋谷のclub asiaにてワンマンライブ『HEAD PHONES PRESIDENT alteration TOUR×club asia 20th Anniversary』を行った。このステージは、彼らの最新アルバム『alteration』のリリースツアーのワンステージであるとともに、2016年3月にオープン20周年を迎えたclub asiaのアニバーサリー月間にちなんだものでもある。
 
ここ数年、HEAD PHONES PRESIDENTのライブの序盤では「Stand In The World」「The One To Break」などの、どちらかというとアルバムのトップに入るようなアッパーな曲が選曲されていたが、この日のステージのオープニングナンバーは、最新アルバム『alterration』のナンバーで幻想的な雰囲気を見せる「Live with」。エキサイティングなオープニングを期待していた観衆は彼らの画策にまんまとはめられ肩透かしを喰らうが、じっとステージを凝視していた。そこから一転、HIROがかき鳴らしたのギターの爆音が会場に満ち溢れると、その爆音の中ANZAが叫んだ。「皆さんの心は、準備できているの?今日は熱く刻んで帰っていって欲しいと思います!行きますよ!?」その言葉を合図に、期待通りのファストな曲「Failed」でヘヴィなビートと荒々しいハーモニーを体に染み込ませ、激しく体を揺らしていた。

HPP003
 
HPP045HPP046
 
HPP010HPP013
HPP018HPP019HPP020
HPP012HPP011
 
HPP014HPP015
HPP021HPP022HPP023
HPP016HPP017
 
HPP024HPP025
 
HPP026HPP027
HPP034HPP035HPP036
HPP028HPP029
 
HPP030HPP031
HPP037HPP038HPP039
HPP032HPP033
 
HPP047HPP048
 
HPP040HPP041
HPP042HPP043

まるで何かの物語を見ているかのような彼らのステージ。時に静かに、憂いすら感じるメロディを奏で、またある時は怒涛のリズムと全てを切り裂くような荒々しいギター、そして生々しいANZAのシャウトが聴くものの気持ちを掻きむしる。さらにこの日のステージでは「Eyes」にて日本語の語りを入れるなど、新しい試みを取り入れてさらにドラマチックなステージを見せる場面が見られた。「目が見えないことと、耳が聞こえないこと、それは普通じゃないというんですか?私達が生きる普通って何ですか?」そんな言葉から始まったMCは、何か彼らが訴えたいストーリーの序章のようにも聞こえた。次々と語られる言葉に込められるANZAの激情に、観衆は心を打たれじっと聴き入っていた。アンコールの「Stand In The World」を含め、全21曲、約2時間のステージを、飽きさせないどころか「足りない」とさえ思わせる多彩な表現力で、この日もHEAD PHONES PRESIDENTは、会場を訪れた観衆をたっぷりと魅了した。
 
また、この日はアンコールにてHEAD PHONES PRESIDENTの楽曲をテーマとした新ミュージカル「Stand In The World」が6月に行われることが合わせて発表された。本格的なミュージカルと、ヘヴィロックという組み合わせも斬新だが、独特の世界観を持つHEAD PHONES PRESIDENTの詞の世界を、舞台という形でさらに明確に感じることができるという意味では、とても画期的な企画といえるだろう。昨年結成15周年を迎え、現状に甘んじることなく次々に新たな試みで道を切り開いていく彼らの動向には、引き続き注目してもらいたい。

border_01
 

◆HEAD PHONES PRESIDENT
ANZA (Vocal)
HIRO (Guitar)
NARUMI (Bass)
BATCH (Drums)
◆公式サイト
http://headphonespresident.com/
HPP044
◆セットリスト
M01. Live with
M02. Failed
M03. The One To Break
M04. Just A Human
M05. Hang Veil
M06. Snares
M07. I Mean It
M08. Reality
M09. Too Scared
M10. Enter The Sky
M11. A New World
M12. Too Short
M13. Wait
M14. Breeze
M15. All You Need
M16. Far Away
M17. Eyes
M18. In Dreams
M19. Light to Die
M20. In Scrying
encore
M21. Stand In The World

 

◆HEAD PHONES PRESIDENTのロックミュージカル「STAND IN THE WORLD」遂に上演!

HPP004
 
STAND IN THE WORLD
日程 / 2016年6月11日(土)〜6月13日(月)
時間 / 昼公演:開場13:00 開演14:00、夜公演:開場18:00 開演19:00
会場 / 東京芸術センター天空劇場 http://art-center.jp/tokyo/
チケット / 前売り6500円 当日7000円 特典イベント参加チケット1500円
PastedGraphic-3
 
STAND IN THE WORLD The Rock Musical Show 特設サイト http://www.standintheworld.com/
出演 /
HEAD PHONES PRESIDENT (ANZA HIRO NARUMI BATCH)
山川恵里佳 小田マナブ
岩名美紗子 奥山桃子 笠原竜司 立原ありさ
小野妃香里
Shiworu
青柳恵美子 彩未理加 石井裕貴 大谷明里紗 菅野恵 北島真侑
栗原沙也加 黒田歩 佐々木瞳 佐藤友泰 島村美紗都 嶋ゆきみ 下村彩
杉原史花 杉森帆乃花 鈴木亜利紗 高石彩美 塚越光 都志見久美子 中野みほ
中村萌 平塚あみ 水落磨樹 宮崎あゆみ 村田智哉子 柚希かおり
 
脚本・演出 / 林 将平(teamオムレット)
舞台監督 / 宮田広一(箱馬研究所)
音響監督 / 武田信明
振付師 / REON(Embrasse Mori)
PA / 伊藤隆行
照明 / 建部雅代
宣伝美術 / Ko-ichi Mukoyama
メイキング撮影 / 國方多真紀・三好晃生
衣装 / RIHO
映像 / 久保田敏男(影乃造)
製作 / 後藤千鶴(W-tool)
プロデューサー / 柘植里可子
主催 / TONIC code
製作・著作 / To HavEエンターテイメント
 
協力 /
株式会社アヴィラ / 有限会社ジャンクション / 株式会社ダブルフォックス / 株式会社 BE THERE / 株式会社マリアート / 株式会社メッセージ / 株式会社東宝芸能 / マクスタア株式会社 / W-too
 
協賛 /
teamオムレット / Embrasse Mori / Ibanez / Web Rock Magazine BEEAST / Majestic Studio / RAZ / 笹塚Method

◆関連記事
【特集】HEAD PHONES PRESIDENT 15th Anniversary Live
http://www.beeast69.com/feature/145199
【新譜るLIFEダイアリー】HEAD PHONES PRESIDENT『alteration』
http://www.beeast69.com/serial/simple/141529
【REPORT】RHYTHEM OF FEAR
http://www.beeast69.com/report/127138

 
 
  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話