演奏

TEXT:鈴木亮介 PHOTO:矢沢隆則

「ガールズバンド頂点宣言!」を堂々掲げた、たんこぶちん。佐賀・唐津出身の5人組で、結成は小学6年生。第3回SCANDALコピーバンド&ボーカリストコンテストのファイナリストやThe 6th Music Revolution JAPANファイナルの優秀賞など各コンクールで頭角を現すと、2013年7月に現役高校生ながらメジャーデビューを果たす。
 
2014年には初ワンマン、初アルバム、と”初”尽くしの1年を送り、ガールズバンドのみを集めた自主企画イベント「We are the Girls Band !!!!!」を東京と大阪で隔月開催し続けるなど、シーンを牽引するようになる。そして今年、2015年1月に2ndミニアルバム『TANCOBUCHIN vol.2』をリリースし、これを記念したワンマンライブを3月に東京、大阪、福岡の3都市で開催した。
 
着実にファンが増えつつある中で、挑戦的な「ガールズバンド頂点宣言!」を掲げたたんこぶちん、その魅力は。チケットがソールドアウトとなった、東京・TSUTAYA O-WEST公演の模様をレポートする。
 
たんこぶちん メンバー:
MADOKA(Vocal & Guitar)、YURI(Guitar)、NODOKA(Bass)、HONOKA(Drums)、CHIHARU(Keyboard)
 

 

   

 

ステージには大きな幕が張られている。サイリウム片手に満杯のオーディエンスが見守る中、午後5時過ぎ、暗転。バスドラムのキックに合わせて、たんこぶちんコールが起こる!そこにシンセサイザー、ギター、ベースが加わり、パッと照明が点くとスクリーンにはMADOKAのシルエットが。
 
「渋谷~行くよ!」底抜けに明るいボーカルと5人の楽しさ全開の演奏が詰まった、たんこぶちんの名刺代わりの曲「We are the Girls Band !!!!!」からライブはスタート。1曲目から早くもコール&レスポンスを求め、「たんこぶちんが大好きだ!」「ソールドアウトおめでとう!」と言わせてしまうあたりはさすがだ。ワンマンライブということで初めてたんこぶちんを観る人もいただろうが、緊張、不安、遠慮…と言った壁を取り除くのは早い方が良い。ということで、1曲目にして場内は凄まじい盛り上がりを見せる。
 
 

   

 

新譜『TANCOBUCHIN vol.2』1曲目に収録された「Alright !!」、1stミニアルバム収録の爽快なナンバー「走れメロディー」、TOM☆CATの「TOUGH BOY」をたんこぶちん流にアレンジしカバーした「TOUGH BOY (~TOUGH GIRL)」と、序盤はアップテンポな楽曲を続ける。MADOKAがリードしつつ、NODOKAYURIの両サイドが安定感のある演奏を見せる。
 
最初のMCでMADOKAは、開口一番「あー楽しい~!」と絶叫。他のメンバーも笑顔で「楽しい!」を連呼する。シンプルな言葉だからこそ、実感がこもっていることがわかる。満杯のフロアに向けて改めて「ソールドアウトっていうプレゼントをみんながくれて嬉しい」と話すと、メンバーの背後にはスクリーンが。高校時代の思い出の写真が次々と映し出される中、5曲目に演奏したのは「うたひかれ」。春の新たな門出を応援する内容の歌詞はMADOKAが手がけたもの。NODOKAのスラップやCHIHARUの暴れ回るキーボードサウンドなど、間奏ではメンバー個々に個性を発揮。サビの「大好・き・な、こ~のうたが~」のところでは一つにまとまり、強く背中を押してくれる。とにかく元気いっぱいなたんこぶちんらしい曲だ。
 
 

   

 

続く6曲目「カラフルスニーカー」ではYURIMADOKAの2人が立ち台に乗ってのツインギター競演。パワフルなギタープレイを秘めつつも、親しみやすさを忘れない曲作り。「ガールズバンド頂点宣言!」を公言する彼女たちは、ロック、ポップとジャンルにとらわれずに「音を楽しむ!」を基軸に曲を作り、ライブに立つ。楽しいものは全て取り入れよう!というスタンスは、演奏力の高さと、どんな曲調にも染まる柔軟さがあるからこそ実現できているのだと思う。
 
HONOKAの刻むビートに合わせて5人のメンバー紹介をし、7曲目は歌詞がユニークなスロー曲「闘うばい!」。歌詞を手がけたのは高橋久美子(ex:チャットモンチー)だ。そして、「みんなの大事な大事な初恋を思い出しながら聴いてほしい、私もそういう気持ちで歌います」と前置きし、8曲目はバラード曲「涙」。CHIHARUのピアノをバックに、MADOKAがしっとりと歌い上げる。
 
 

   

 

9曲目は中島みゆきももいろクローバーZに提供した楽曲のカバー、「泣いてもいいんだよ」。中島みゆきがセルフカバーした際に、たんこぶちんメンバーがコーラスでレコーディングに参加したことがきっかけで、たんこぶちんもこの楽曲をカバーすることが決まったのだという。シリアスな曲調ながらも、軽快なドラムとパンチの効いたギターサウンドの織り成すたんこぶちんらしい音作りに、オーディエンスも力強い掛け声で応じる。
 
さらに10曲目「トゲササル」では間奏でYURIのギターがひずみまくり、11曲目「唇はもっと」ではハードロックサウンドをNODOKAHONOKAのリズム隊がパワフルに体現。実は双子という2人の屋台骨に支えられ、MADOKAは序盤のキュートな歌い方とは別人のように、ロックシンガー然とした歌声で魅せる。
 
  

  

この勢いをさらに加速させるべくオーディエンスを煽ると、YURIのガレージサウンドで鼓膜を突き破る!超高速ナンバー「We Gonna ROCK」で、フロアのボルテージは最高潮。たんこぶちん5人で作曲し、中山加奈子が作詞したこの楽曲は「キュートでポップなだけではない」というガールズバンドの紹介文に飽き飽きしているハードロックファンも納得の1曲。メタル好きのYURIのアイデアを起点に作り上げ、悩んだ末にガールズバンドの大先輩・中山加奈子に作詞を依頼したという。この歌詞を自分のものとし、ステージで表現することでたんこぶちんはロックスピリッツを受け継ぎ、一段と成長を遂げたのだ。
 
最後はここにいる全員で絶叫!「We Gonna ROCK!!」これで一つになると、一気にラストスパート。2ndシングル「シアワセタランチュラ」でタオルを振り回し、たんこぶちん流応援歌「Re:GiRL」でメンバーもオーディエンスも皆応援団風に手を振り、そして最後はデビューシングル「ドレミFUN LIFE」。タイトル通り音階を上がる、一度聴いたら忘れられないメロディが印象的。ここまで彼女たちの表現の幅広さを目の当たりにしてくると、馴染み感というか、とてもホーム感がある曲だ。最後はほっこり笑顔になって、ライブ本編が終了。
 
 

 

 

 

たんこぶちん!」コールに応えてメンバー再登場。爽やかな白いTシャツ、胸には「We are the Girls Band」の文字。満杯のオーディエンスとともに楽しめた、やりきったという達成感と、誰もが楽しめるステージを作れたという自負…そんな万感の思いが爽やかな笑顔に表れているようだ。
 
「今までワンマンで見た景色の中で一番最高!」と感無量のMADOKA。五者五様の個性が詰まった楽しいロックナンバー「UJI UJI」を、まずはアンコール1曲目として披露する。
 
 

 

「ライブが一番好き。みんなが私たちに光をくれている。もっと大きいところに行きたい。私たちもみんなの光であれるように」と宣言すると、MADOKAのシンプルなギターフレーズとボーカルから入る。メンバー自ら作詞作曲した「ヒカリ」だ。「太陽みたいに輝く星を目指して」とまっすぐに歌い上げる。それはさながら自分たちに向けた応援歌のようでもあり、ここに集まったファンたち…或いはこれからもっと大きなステージで演奏する際に集まるであろう、未だ見ぬファンに向けた、たんこぶちん流の道しるべ、そして「ガールズバンド頂点宣言!」だ。
 
故郷・唐津を出て3月から上京することになったたんこぶちん。MCでは「これから東京でももっとたくさんライブができる」と語り、ファンを喜ばせた。新生活をスタートし、これから大きな壁にぶつかることもあるかもしれないが、きっと彼女たちは乗り越えて、そしてさらに素晴らしい景色を見せてくれるだろう。
 
 

 

 

◆セットリスト
M01. We are the Girls Band !!!!!
M02. Alright !!
M03. 走れメロディー
M04. TOUGH BOY (~TOUGH GIRL)
M05. うたひかれ
M06. カラフルスニーカー
M07. 闘うばい!
M08. 涙
M09. 泣いてもいいんだよ
M10. トゲササル
M11. 唇はもっと
M12. We Gonna ROCK
M13. シアワセタランチュラ
M14. Re:GiRL
M15. ドレミFUN LIFE
-encore-
E01. UJI UJI
E02. ヒカリ
 

◆たんこぶちん 公式HP
http://tancobuchin.jp/
 
◆ライブ情報
・2015年04月11日(土)【福 岡】天神BEAT STATION
・2015年04月16日(木)【東 京】渋谷eggman
・2015年04月17日(金)【東 京】池袋BlackHole
・2015年04月29日(祝)【東 京】
渋谷CHELSEA HOTEL
・2015年05月02日(土)【東 京】恵比寿LIQUIDROOM
・2015年05月03日(日)【東 京】渋谷CLUB QUATTRO
・2015年05月04日(祝)【千 葉】柏Thumb up
・2015年05月10日(日)【東 京】渋谷O-Crest
・2015年05月16日(土)【東 京】渋谷CLUB CRAWL

 
◆リリース情報
たんこぶちん 2ndアルバム
『TANCOBUCHIN vol.2 』

・2015年01月28日(水)~発売中

 


 

 ◆関連記事
【連載】新譜るLIFEダイアリー たんこぶちん『TANCOBUCHIN vol.2』
http://www.beeast69.com/serial/simple/120725
【特集】The 7th Music Revolution JAPAN FINAL
http://www.beeast69.com/feature/97646
【特集】The 7th Music Revolution 東日本FINAL
http://www.beeast69.com/feature/89235
【特集】ARABAKI ROCK FEST.13
http://www.beeast69.com/feature/71848
【特集】第3回 SCANDALコピーバンド&ボーカリストコンテスト
http://www.beeast69.com/feature/50726


 
 
  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年5月25日更新
第十二回「マニア道」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話