ニュース
ロックインフォメーション

【ピックアップ!】Gacharic SpinのFチョッパーKOGA、10年の集大成をここに!

2013年10月20日

thanks!! RUIDO K2 10th Anniversary!!!
F チョッパー KOGA 10周年記念LIVE
『10年たっても変わりま10 !!』
2013年10月10日 @渋谷RUIDO K2
TEXT&PHOTO:桂 伸也  

2013年10月10日、東京は渋谷RUIDO K2で、Gacharic SpinのベーシストFチョッパーKOGA(以下、チョッパー)のベースをプレイし始めて10周年が経過したことを記念するライブイベント『F チョッパー KOGA 10周年記念LIVE「10年たっても変わりま10 !!」』が行われた。渋谷RUIDOK2はチョッパーが10代の頃このライブハウスでよく過ごしたという思い出の場所であり、折りしも会場の渋谷RUIDO K2も開店10周年を迎え、その数字にあやかり10月10日という開催となったという。今回はその一部始終をミニレポートにてお送りしよう。
 
第一ステージは、かつてチョッパーが在籍していたバンド平安/THE PINK☆PANDAのセクションとしてスタート。元平安のメンバーであるフローレンス朝倉をはじめ、バンドでよくコピーしていたというWhiteberryより、ボーカリストのyukkiや、THE PINK☆PANDAとのツアーで顔を合わせることが多かったという東木ひとみGacharic Spinとのツアーも多いHEAD SPEAKERKANAがゲストとして登場。チョッパー平安、Whiteberry、THE PINK☆PANDA等のナンバーと共に、以前の活動をリラックスした雰囲気の中で懐かしそうに振り返っていた。

 
 

第二ステージは、本命ともいえるGacharic Spinのステージ。Gacharic Spinのアンセムともいえる「GS GACHA2013」から、いきなり彼女らのキラーナンバー「Lock On!!」へ。曲のオープニングに入るブレイク、そして「Set!」という掛け声が、フロアの観衆から叫ばれる。チョッパーが語った「みんなのおかげで、ここまで来られた」そんな思いを象徴するような光景だ。
 
途中にLIGHT BRINGERのボーカリストFukiとともにサイドプロジェクトDOLL$BOXXの楽曲をからめ、興奮度抜群のステージは続いた。楽しさいっぱいの「ハンティングサマー」から「More Power」、そしてラストナンバーとして定番の「BROKEN LOVER」へ。楽しさも激しさもいっぱいのステージは、「有終の美」という言葉が相応しいエンディングを迎えた。

 
 

アンコールとしてオマケに、チアリーダー風のコスチュームで現れたチョッパーは、彼女がアイドル時代に人前で初めて歌ったという三人祭の「チュッ!夏パーティー」を披露。ハイテンションなGacharic Spinのステージをクールダウンさせ、リラックスした雰囲気を会場に振り撒いた。
 
チョッパーのチャームポイントはとびきりのスマイル。Gacharic Spinのステージでは激しく緊張感すらただようプレイの際でも、その笑顔は揺らぐことがない。10年というキャリアの節目を迎えたこの日も、彼女はその笑顔で観衆に楽しさや生きる活力を与え、ひと時の楽しいステージを展開してくれた。昨年行われたツアーでは、初頭にボーカリスト脱退という絶体絶命のピンチを迎えたGacharic Spinだったが、この日登場した東木ひとみKANAFukiをはじめ実力派ボーカリストが強力なヘルプの手を差し伸べた(『密着レポート第9弾 Gacharic Spin 「Superガチャピ~ンチ!! ~サポートボーカル大集合~」』参照)のも、そんな彼女の一面が示す人徳に惹かれたからにほかならない。
 
ミュージシャンとしてのキャリアの中で新たなステップを迎えたチョッパー。また今後10年、20年と変わらぬその笑顔で、人々に元気を振り撒き続けてくれることを願って止まない。

 

★セットリスト★
第一ステージ
M01. 七・九・四 平安
M02. 傍においていて
M03. モノポライザー
M04. YUKI
M05. PANDA
M06. DOG STAR
M07. ワクワク7
第二ステージ
M08. GS GACHA2013~Lock On!!
M09. Never say never
M10. Take My chance
M11. KARAKURI TOWN
M12. ハンティングサマー
M13. More Power
M14. BROKEN LOVER
encore
E01. チュッ!夏パーティー


★ライブ情報★
Gacharic Spin 4th Anniversary ガチ4
~ピースの向こう側に在るもの~

2013年10月26日(土) 【大 阪】心斎橋 JANUS <ワンマン>
2013年10月27日(日) 【愛 知】名古屋 Electric Lady Land <ワンマン>
2013年11月22日(金) 【東 京】新宿 BLAZE <ワンマン>
その他
2013年11月02日(土) 【神奈川】小田原イズム2013
2013年11月09日(土) 【福 岡】九州情報大学 学園祭
2013年11月13日(水) 【埼 玉】西川口 Hearts
2013年11月17日(日) 【大 阪】大阪 RUIDO


★トピックス★
1.FチョッパーKOGAのシグネイチャーモデルが登場
この日のステージで、新しいFチョッパーKOGAシグネイチャーモデルのベースが初お披露目となった。(トップ画像参照)メーカーは 長野にあるハンドメイドギター工房のベルモアギターズ。シースルーホワイトのボディとメイプルネックというシンプルなデザインのベースだが、ネックのトップとサイドのポジションマークにLEDが装備されており、照明が落とされた中でも抜群のアピールを示す、Gacharic Spinのステージにはうってつけの強力なモデルだ。初回限定として、彼女所有のベースと全く同じスペックで、ヘッド裏にFチョッパーKOGA直筆のサインが入ったモデルが販売される予定。彼女に憧れるガールス、彼女の熱烈なファンにはたまらない一品だ。是非一度チェックしてみて欲しい。
株式会社ベルモアギターズ 公式サイト:
http://www.vellmor.com/
(facebook:)
https://www.facebook.com/pages/Vellmor-Guitars/128898420631386

 
2.Gacharic Spin初の渋谷O-EASTワンマン公演のDVDがリリース
2013年7月15日に行われたGacharic Spin初の渋谷O-EASTワンマン公演(『Gacharic Spin レコ発“Delicious”TOUR FINAL』参照)よりベストパフォーマンスをセレクトした映像を収録したDVDが、2013年10月23日に発売される。Gacharic Spin 2013スタイルとなって以降、初の映像商品でもある記念すべき作品だ。通常版には本編のライブ映像に加え、メンバーによる「ライブ解説」コメンタリーを副音声に収録という、貴重な作品。また2013年11月20日に発売される限定版はカバー曲、一部ゲストセクションを除くほぼすべてを収録。さらに豪華フォトブックレット封入に加え、ライブ当日使用したオープング映像、未商品化ミュージックビデオ3曲を収録という豪華版だ。ガチャマン、ピン子を自称するファンには必須アイテム。すぐチェックしてみよう。
gazo_dvd『Gacharic Spin Delicious LIVE DVD』
通常版:POBD-60475/3,990円(税込)
発売日:2013年10月23日
限定版:POBD-69475/9,800円(税込)
発売日:2013年11月20日
収録曲:
M01. NEXT STAGE
M02. LosT AngeL
M03. ALIVE
M04. perception
M05. My bird
M06. ヌーディリズム
M07. Ben-Jan-Dan
M08. Never say never
M09. 爆弾娘 (ボンバーガール)
M10. Lock On!!
M11. 今を生きてる~2013春~


★オフィシャルサイト★
http://gacharicspin.com/
 


 
 
  コラムニスト
戦国★コンプレックス
戦国★コンプレックス
2022年5月5日更新
第5回「王子様とは」
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話