ニュース
ロックインフォメーション

【ピックアップ!】tokyo pinsalocks、愛にあふれたレコ発イベント!

2013年09月15日

tokyo pinsalocksのライブ出演が中止となったリリースパーティも
Hisayoのボーカルデビューのレアな場面ありの、愛にあふれたイベントに

TEXT:下村祥子 PHOTO:下村祥子、azusa takada 


tokyo pinsalocksのニューアルバム『センチメンタルメタルチェア』のリリースパーティが9月8日(日)に下北沢THREEで開催された。だが、開催2日前にNaoko(Vocal)の体調不良により、主役のtokyo pinsalocksのライブ出演中止が急遽アナウンスされる事態に。Naokoの産休前の最後のライブとあって、この夏、彼女たちがどれだけ準備をしてきたか、それでも出演中止という大きな決断をし、決めた時には二人で泣いたというtokyo pinsalocksの想いは計り知れない。

しかし、そこから新たにイベントを開催する方向へと走り出した。追加されたアナウンスは「Merpeoplesの出演が急遽決定!」「Hisayo(Bass)が歌う“tokyo pinsalocks SPECIAL”として、三浦俊一P(Guitar)、YANA(Drums)と共にミニライブ」「“Bar 134”として時々ドリンクカウンターにHisayoが入ります」というもの。これは、見届けないわけにはいかないだろう。

  

当日の下北沢はあいにくの豪雨となったが、開場前には心待ちにしたお客さんが列を作った。会場に足を踏み入れると、Naokoの手作りブランド「goadejavuuu」の数々のカラフルな作品と、Naokoデザインの『センチメンタルメタルチェア』グッズが並んだテーブルが目に飛び込む。そしてドリンクカウンター内にはHisayoの姿が。ビールサーバーを使いこなす手つきは、いろんなライブバーでの修行の賜物?!DJ Wacによるセンスが光る音楽が流れるTHREEのラウンジスペースは、笑顔とおしゃべりの和やかなムードが終始漂っていた。

ライブ1番手は、tokyo pinsalocksと同じKIMONOレーベルのニューカマー、YOU MUST SEE I(from 京都)。男性ベーシスト1人+女性キーボーディスト3人のNEW WAVE POPバンド。1stアルバム『Flying Disc U.F.O!!!』(10月9日発売)のリリース直前プチツアー最終日として参戦。キャッチーなメロディーと人力テクノポップで会場を盛り上げた。

 

2番手は、ラウドロックの3ピースガールズルバンド、BO-PEEP。今回、Naokoが真っ先に「BO-PEEPとやりたい!」と名前を挙げたのは、ドラムのRyoko、ベースのヒメが先輩ママミュージシャンであること、しかもヒメの産休の際にHisayoがサポートベーシストを務めた縁もあるようだ。爆音ロック全開のダイナミックなパフォーマンスには、男性ファンのステージダイブも飛び出した。

3番手は、急遽出演が決まった、4人組ガールズアートパンクバンド、Merpeoplestokyo pinsalocksのライブ出演中止が発表されてすぐ「出来ることやります!」と連絡したことがきっかけ(元々お客さんとして観に来るはずだったらしい)。BO-PEEPのライブでダイブが起きたことを受けて、ラストの曲を変更しお客さんのダイブ誘って、見事に成功!

 

ついにトリに登場したのは、tokyo pinsalocks SPECIAL。ステージに三浦俊一PYANA、そしてベースを抱えてHisayoが立った。「みなさん、こんなに集まってくれてありがとうございます!みんなの協力でここまで来ました。わたし、もうオープンした時点でけっこう満足してて、ここからは打ち上げなんで(笑)、そういうカンジで観てください」固唾を飲んで見守る…ムードから一転、Hisayoが語りかけ、ベースを弾きながら笑顔で歌い出した瞬間から、あのtokyo pinsalocks独特のハッピーな雰囲気がフロア中に広がった。

「着物ジャポネ」、ニューアルバムからの新曲「You know my“GOLD”」の2曲を堂々ベース&ボーカルとして務め上げた。続く「Unlucky doughnuts」では、YOU MUST SEE Iウエット(Vocal)、そしてtokyo pinsalocksのステージに1年半ぶりに帰ってきたReiko(Drums)も登場して熱唱!さらにBO-PEEPMika(Vocal)、Merpeoplesシャルロット(Vocal)、お客さんまでステージに入り乱れて「ルラ・ハレルヤ」をアンコール分を含めて2回に渡って大合唱!Hisayoは逆にフロアに降りてベースを弾きまくり、ステージを大いに盛り立てた。

 

tokyo pinsalocksを中心に、愛があふれるリリースパーティは大団円を迎えた。最後は会場に『センチメンタルメタルチェア』収録のマタニティーソング「Little SEED」が流れ、アコースティックな響きの優しいメロディと共に、イベントは幕を閉じた。再び二人揃っての、tokyo pinsalocks復活ライブを今から楽しみに待ちたい。


tp011◆リリースインフォメーション
ニューアルバム『センチメンタルメタルチェア』
2013年10月9日リリース
全6曲入り ¥1,890(tax in)
DDCH-2340(KIMONO)

<収録曲>
M01. シンデレラタイムアップ
M02. You know my“GOLD”
M03. センチメンタルメタルチェア
M04. Delicious & dangerous SUGAR
M05. Little SEED
M06. $1000000

◆tokyo pinsalocks 公式サイト
http://www.tokyopinsalocks.com/


 
 
  コラムニスト
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年8月10日更新
第15回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話