ニュース
ロックインフォメーション

【NEWS】乃木坂46版セーラームーン開幕 久保史緒里ら意気込み語る

2019年10月10日

2期生伊藤純奈、「お仕置きしたいのは田村真佑」
乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」2019 初日会見レポート

TEXT & PHOTO:矢沢隆則 


10月10日(木)、東京ドームシティホールで乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」2019が初演を迎え、それに先立ちマスコミ向けにゲネプロと初日会見が行われた。大勢のカメラが待ち構える中、主要キャスト6人が登壇。初日を迎えた今の気持ちと意気込みを語った。

主役のセーラームーン/月野うさぎ役を務めることになった久保史緒里乃木坂46/3期生)は「本日初日を迎えまして、この日を迎えるためにみんなでお稽古してきたんですけれども、いい意味で初日来るのかな?って思う日々が続いたと言いますか、もっともっと追求したいという思いが日に日に増してきまして、その中で今日初日を迎えまして、すごく緊張や不安もありつつも、一番に楽しみだなと思える初日は私にとっては初めてなので、大好きなキャストのみなさんと楽しく、素敵な時間を過ごせたらなと思っております」。

セーラーマーキュリー/水野亜美役の向井葉月乃木坂46/3期生)は「稽古期間は他の4戦士や他のキャストさん方に本当にご迷惑をかけながらも一緒に頑張ってこれたので、初日みんなで作り上げてきたものを精いっぱい出せるように、見てくださる方に夢を届けられるように一生懸命がんばりたいと思います」。

セーラーマーズ/火野レイ役の早川聖来乃木坂46/4期生)は「今回の公演は私にとって初めての大きな舞台になるんですけれども、不安もいっぱいある中でたくさんのスタッフさんやキャストさんに一緒にがんばろうねって励まされ、初日を迎えられることをとても嬉しく思っています。今日の舞台は緊張や不安もあるんですけれども、来てくださったお客様に楽しんで頂けるよう精いっぱい頑張りたいと思います」。

セーラージュピター/木野まこと役の伊藤純奈乃木坂46/2期生)は「私が今までやってきた舞台の中でも一番と言っていいほどキャスト同士で話し合いをしながら、作り上げていく舞台だなと。5戦士をはじめ他のキャストの皆様とも稽古が終わった後も話し込んで作り上げてきた舞台なので、緊張もするんですけれどもみんながいるので心強いなという感じで、安心して初日を迎えられたと思います。頑張ります」。

セーラーヴィーナス/愛野美奈子役の田村真佑乃木坂46/4期生)は「私と聖来は4期生で『3人のプリンシパル』以来の舞台なので本当に毎日分からないことだらけで不安がたくさんあったんですけど、それをキャストのみなさんに支えて頂きながら初日を迎えることができました。今も凄く緊張しているんですけれど、初日はみんな怪我無く楽しく舞台を作り上げて行けたらなと思っています」。

タキシード仮面/地場衛役の石井美絵子は「演目は昨年も乃木坂46のみんなとやらせてもらって再演になるんですけれども、キャストが一新して本当に個性豊かなみんなが揃って、本当に楽しくお稽古させてもらって今日初日を迎えました。私はセーラームーンと恋人役というのもあって、史緒里と話すことがとても多かったんですけれども、今回の5戦士は乃木坂46であることを凄く大切にしていながら、乃木坂46である以上に今回私たちは頑張らないといけない、やらなければいけないという気持ちが、史緒里を筆頭にビシビシと感じられて、それを行動でも空気でも言葉でも私にたくさん実感させてくれて、こんなに初日を迎えるのが楽しみな舞台が私初めてで、今日朝起きてどうしたんだろう自分?って思うくらいみんなのことが愛おしくて『本番頑張ろう!』って声を大にして言えるなって思います」と話した。

演出のウォーリー木下から今回の舞台にあたり大変だったことを聞かれた伊藤純奈は「私2期生で一番先輩なんですけれども、この娘たち可愛いんですけど手がかかる!凄く手がかかる娘たちですね。パターンの違う妹たちというか、色んな種類の妹が急にできたような気持ちで、今も楽屋でもワチャワチャと妹たちがうるさいのを私は微笑ましく見ているという…いい意味で大変でした!」

 
 

続けてこの中(4戦士)でお仕置きしたいメンバーを聞かれると「田村真佑です。私が何しても『あ、純奈さんかわいい』っていじってくるんですよね。私先輩なんですけど一応。舐められてるんですよ。かわいいんですけど。まぁ、仲良くなれたってことで」。

大変だったことについて向井葉月は「他の舞台では自分の好きなように、やりたいようにやってきてしまったんですけれども、今回のミュージカルは決まりごとが多かったり、自分の台詞をきっかけに他の方が動いたり音楽がかかったりするのを全部考えながら、演技もこの娘がこういうことを思ってこれを言うから、自分もそれを考えて台詞なんだけど台詞じゃないみたいに言おうみたいな感じでいろいろ考えることが多くて、ダンスも歌もあって頭が混乱しながらずっとやってきた毎日なんですけれども…。自信は前より付きました。本番のステージに立てばもっと自信が付くんじゃないかと自分でも楽しみにしております」。

久保史緒里は「私は心を開くのが大変だったと言いますか、私は人と話すのが好きなんですけれども、その段階に行くのにいつも時間がかかってしまうので、その壁を超えるためにはやっぱり自分で開くしかないことだったので、それは自分自身も苦戦しましたし、それによってキャストの皆様にもご迷惑をおかけしてしまったんですけれども、その壁がちょっとずつ超えられそうになった時から、イメージの共有を自分から少しずつするようになって、ここはどういう場面なのか、この台詞にはどういう意味が込められているのか、そういうことをキャスト同士で共有するのが楽しくなってきて、でもその段階に行くのに凄く、凄く、凄く時間がかかってしまったので、たくさん迷惑をかけました」。

早川聖来は「セーラーマーズとして役になり切ろうと思うんですが自分が出てきちゃうんですよ、どうしても。感情が入ったり動いたりしていると、だんだん気持ちが動かされていくのがセーラーマーズじゃなくて早川聖来の感情が動いてしまうことが凄く多かったので、お芝居を作り上げていく上で4人の関係性とかバランスとか、自分の気持ちも大切にしつつ役として生きるのに凄く苦労しました」。

田村真佑は「私は役柄的にリーダー的ポジションなんですけど、先輩が圧倒的に多いので特に純奈さんとか立っているだけでリーダー感が出ちゃうから、いかにそれを超えて行くかというのに凄く苦労して、純奈さんにリーダー感を抑えて頂きつつ私が大きめに動いて頑張ってリーダー感を出してきたんですけど、それを練習よりも本番で出せるように頑張りたいと思っています」。

石井美絵子は「私は史緒里と一緒で史緒里の心を溶かすのが大変でした。凄く真面目で凄く良い娘なで、何を言ってもハイ!ハイ!ハイ!って聞いちゃうので、それをハイじゃなくて自分の言葉にするというのが。今はもう出来てるもんね」と語った。

 
 

乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」2019の東京公演は10月10日(木)から10月14日(月・祝)、上海公演は11月22日(金)から11月24日(日)の日程で公演される。

  
  

◆乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」2019 公式サイト
http://sailormoon-official.com/stage/nogizaka19/


【BEEAST関連記事】
【レポート】スキップ
http://www.beeast69.com/report/161996
【レポート】犬夜叉
http://www.beeast69.com/report/161670
【レポート】すべての犬は天国へ行く
http://www.beeast69.com/report/139622

 


 
 
  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年5月25日更新
第十二回「マニア道」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話