演奏

J's music Motchy presents 『ロック魂 vol.1』

TEXT:ハヤシコウキ 撮影協力:カンナラボ

2009年10月23日(金)、「新横浜サンフォニックスホール」にてライブイベント『J’s music Motchy presents 『ロック魂Vol.1』』が開催されました。
イベントのオーガナイザーを務めるMotchy♪JUNXION)は、大橋隆志(ex. CATS
IN BOOTS
聖飢魔II)らと親しい実力派ミュージシャン。彼の“お客さんたちが、間近に「本物」の演奏を観ることができる場を提供したい”という願いが発端となり、その趣旨に賛同したミュージシャンが集まったライブイベントです。

初めにステージに立ったのはギタリストのSHOW-TA(Vocal & Guitar)。バックに、ASAMI(Keyboard)、YUKI(Bass)、CHIAKI(Drums)を従えての登場です。ダイナミックなギターサウンドにシンセサイザーがポップな味付けをする「Cloud cutter」、ドライヴィンなメロディに激しいシャウトがこだまする「Fuck Off」を連続で披露しライブがスタート。

Photo

続く「Dear…」はSHOW-TAが「どれだけギターで愛情を表現できるか」に挑戦したという美しいバラードナンバー。ピアノの旋律に乗せ、スタジアムロックのようなダイナミズム溢れるパフォーマンスを展開します。その後はパワフルなドラムが気持ちいい「Hey!」、ベースがざくざくと突き刺さる「Machine-Gun」を演奏し、オーディエンスに強い印象を残しました。

PhotoPhoto

【SHOW-TA 公式サイト】
http://www.showta.net/

【インフォーメーション】

11月07日(土)渋谷 チェルシーホテル
※問い合わせは会場まで

【セットリスト】

1.Cloud cutter

2.Fuck Off!
3.Dear…
4.Hey!
5.Machine-gun

続いて、どことなくダークな雰囲気に包まれて登場したのがヴィジュアル系ロックバンド、-DIST-。メンバーはHISAKI(Vocal)、シヴァ(Guitar)、刻-toki-(Bass)、なお道(Drums)の4人。本格的な活動は今年の9月からという、結成間もないニューフェイスです。この日が彼等の初ライブとなりました。

Photo

過激なギタープレイで魅せる「Out Of The Dark」を皮切りに、力強いドラミングが映える「シャイニング」、MarilynMansonを彷彿とさせる殺傷能力の高いイントロから重低音で攻める「Coma Type:s」を披露。その後はメロディアスなギターで聴かせる「Bloody pain」。ラストには静と動が同居するナンバー、「盲目の翼」を披露しました。メンバーそれぞれの演奏スタイルとキャラが立っており、「魅せ方へのこだわり」を感じさせるバンドでした。サウンドは、ハードロックからガレージロックのようなざらついたものもあり、彼等のバックボーン生かした形となっています。

PhotoPhoto

【-DIST- 公式サイト】
http://dist.syncl.jp/

【インフォーメーション】

11月06日(金) 新宿 RUIDO K4
11月30日(月)本八幡 ルート14
※問い合わせは各会場まで

【セットリスト】

1.Out Of the Dark
2.Shiny
3.Coma Type;s

4.Bloody pain
5.盲目の羽

3バンド目は浜田麻央と愉快な仲間達。ソロシンガーとして活動する麻央(Vocal)にMarsha☆(Guitar/JUNXION)、加藤剛史(Drums)、そしてイベントオーガナイザーのMotchy♪(Bass)が加わったスペシャルな編成での登場です。この日は日本が誇るスーパーロックシンガー浜田麻里の曲をカバーしました。出演者の中では、唯一の女性ボーカリストですが、オープニングの突き抜けるような「Blue Revolution」でいきなりの魅力全開です。

Photo

「Tokio Makin’ Love」は力強く、全身でリズムをとりながら歌う彼女は「身体全体から声を出している」タイプのシンガーと感じます。バラード「Runaway From Yesterday」ではエモーショナルに歌い上げた後、MCで「セットリストが一週間前に決定した」という事実が明かされますが、バックを務める3人の演奏能力の高さ、抜群のコンビネーションは準備期間の短さを感じません。最後は「Don’t change your mind」。表現力豊かな麻央のパフォーマンスを堪能できました。

PhotoPhoto

【麻央 公式サイト】
http://plaza.rakuten.co.jp/maosdairy/
【セットリスト】

1.Blue Revolution
2.Tokio Makin’ Love
3.Runaway From Yesterday
4.Don’t change your mind

イベントが加熱していく中、4バンド目はD.E.F.T。メンバーは440(Vocal)、小林信一(Guitar/地獄カルテット) 、$pyke(Bass)、A-JOE(Drums/クラウドナイン)の4人。マシンガンのように打ち付けるドラムのリズムが身体を揺らす「kazamidori」は破壊力抜群のナンバー。メロディアスなギターサウンドと、力強い歌唱が高次元で融合しています。続いてDisturbedの「Player」をミクスチャー風にカバー。パンチの効いたビートが原曲をさらに研ぎ澄ませます。

Photo

「Design」は「リアレンジしたらものすごくハードになった」と440が語るように、攻撃的なナンバー。変幻自在の演奏で、メンバーがステージ上でアクティブに暴れ回ります。爆発力のある「Monsterman」に続き、Dead or Aliveのナンバー「You Spin Me ‘Round」を激しいアレンジでカバー。ラストはMotorheadの「Ace of Spades」。疾走感の中にポップセンスが光るアレンジ。このバンドは「歌」を大事にしている様子が伝わってきました。また実力に裏付けられたセンスの素晴らしさ。どのカバーもアレンジがすごく新鮮でした。

PhotoPhoto

【小林信一 公式サイト】
http://www.nanagen.jp/
【セットリスト】

1.Kazamidori
2.Prayer
3.Design
4.Monsterman
5.You Spin Me ‘Round [Like a Record]
6.Ace Of Spades

5バンド目は3ピースバンド、CLACK-NASH。メンバーは加藤康弘(Vocal & Guitar)、藤本恒司(Bass)、向井”BILLY”靖(Drums)。1曲目はソニーカーティス作、The
Clash
バージョンが有名な「I Fought The Law」の攻撃的なカバー。メロディックに、より攻撃的に攻めます。骨太なメロディックコア「Bring It Back Again」はサビの熱唱が楽しそうなナンバー。「ロックは好きかい?」というMCに続いて繰り出された「Full 10」は王道ハードロックのようなリフから一気に突き抜けるナンバー。

Photo

そしてサビのメロディが親しみやすい「Revolution In You」では、藤本恒司がボーカルを。「Freak Out」はセンチメンタルなメロディを疾走感たっぷりに味付けしたライブ映えする一曲。最後はメッセージ性が強く、魅力的な歌詞の「DEEDS NEVER DIE」。上手に観客を盛り上げる加藤康弘藤本恒司BILLYの存在感あるリズム隊、初めてCLACK-NASHを見たオーディエンスも、一発で虜にするような魅力を備えていました。息の合ったグルーブ、歌える楽曲、実に見応えのあるライブでした。

PhotoPhoto

【CLACK-NASH 公式サイト】
http://www.clack-nash.com/

【インフォーメーション】

2009/11/07(土) 渋谷 チェルシーホテル
2009/11/08(日)つくば PARKDINER
2009/11/14(土)いわき SONIC
2009/11/22(日) 福島 C-MOON
2009/11/29(日) 札幌 SOUNDCRUE
2009/12/05(土)高円寺 Club MISSION’S
※問い合わせは各会場まで

【セットリスト】

1.I Fought the law
2.Bring It Back Again
3.Full 10
4.Revolution In You
5.Freak Out
6.DEEDS NEVER DIE

Photo

最後に登場したのがこの日しか見られないスペシャルバンド、Special Session BandRay(Vocal)、石原”SHARA”愼一郎(Guitar/EARTHSHAKER)、大橋隆志(Guitar/ex. CATS IN BOOTS聖飢魔II)、Motchy♪(Bass)、加藤剛志(Drums)という豪華な布陣でイベントのトリを務めます。この日のセットリストは全曲、2010年3月の来日が待たれるAC/DCのカバー。本家の来日に先駆けた前哨戦が早くもスタートといったところでしょうか。

PhotoPhoto

開幕ダッシュはRayのハイトーンを堪能できる「Rock ‘n’ Roll Damnation」。メンバーのアクションにオーディエンスは大歓声で応えます。統一感がありながら、個性溢れるパフォーマンスに、彼等のキャリアの深さを感じます。「Whole Lotta Rosie」ではテンションを上げて行くツインギターが魅力的なパフォーマンス。「Riff Raff」はチームワークのよさが客席も伝わる熱演。3曲を演じたところでRayから冠徹弥(Vocal/The 冠)にバトンタッチ。

Photo

「行けるんか!?新横浜!!」と観客を煽りながらはじまったのは「That’s The Way I Wanna Rock ‘n’ Roll」。コミカルに動き回りながら、冠徹弥のハイトーンを聴かせます。最後は攻撃的でハイスピードな「Let There Be Rock」で観客のボルテージは最高潮。「もっと聴かせてくれ!」というオーディエンスに応えたアンコールでは、Rayのツインボーカルスタイルで「Rocker」を演奏。熱い魂を最後まで見せつけてくれました。

PhotoPhoto

【石原愼一郎 公式サイト】
http://www.earthshaker.jp/SHARA/

【大橋隆志 公式サイト】
http://www.rp-records.com/jjguitar/

【冠 徹弥 公式サイト】
http://www.thekanmuri.com/Site/

【加藤剛志 公式ブログ】
http://ameblo.jp/tsuyoshikato/

【ギャラクティカファントム 公式サイト】
http://galactica-phantom.net/

【セットリスト】

1.Rock ‘n’ Roll Damnation
2.Whole Lotta Rosie
3.Riff Raff
4.That’s The Way I Wanna Rock ‘n’ Roll
5.Back In Black
6.Let There Be Rock
—-ec—-
7.Rocker

“お客さんたちが、間近に「本物」の演奏を観ることができる場を提供したい”「本物」のロック演奏を、ベテランから若いバンドまで幅広いラインナップで、様々な年齢層が気軽に楽しむ事の出来る『ロック魂』。会場には老若男女様々な世代性別のロックファンが集まっていました。世代間の橋渡しの役割も担っているこのイベント。Motchy♪いわく、今後も同イベントは第2回、3回と開催して行きたい!とのことでした。第2回は12月27日、同所で開催予定。これからも定番イベントとして、ロックファンの注目を集めて行きそうです!

【インフォメーション】
J’s music Motchy presents 『ロック魂 vol.2』
12月27日(日)新横浜 サンフォニックスホール

主催者Motchy♪ 公式サイト
http://ameblo.jp/hysterics69/


  コラムニスト
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年5月13日更新
第三回「骨折の話」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年4月8日更新
第13回「HARUMI」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年1月20日更新
その5「惑星にて」
高橋浩司
高橋浩司
2017年4月5日更新
第11夜「エネルギー」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話