演奏

COSMIC DRIVE Vol.3〜After X’mas Rock’n Roll Party〜

TEXT:児玉圭一

2009年12月26日、東京都下の福生市にある「福生UZU」で、やさぐれVESSEココロー&ヘルニアンズHAIRSPRAY PSYCHEが集結したライヴイベント『COSMIC DRIVE Vol.3〜After X’mas Rock’n Roll Party〜』が開催されました。

「福生UZU」は、80〜90年代のジャパニーズ・ロック界を席捲したストリート・スライダーズZIGGYJUN SKY WALKER(S)、最近では、気鋭のスリーピースバンド、SISTER JETを輩出したことで知られる登竜門的な存在のライヴハウス。この日、福生の街は日が落ちてから急に冷え込んで来ましたが、辿り着いた「福生UZU」の扉を開けると、店内は人が溢れ、熱気に満ちていています。ステージでは今夜のオープニングを務めるガールズバンド、HAIRSPRAY PSYCHEが演奏をスタート。

HAIRSPRAY PSYCHEは、バンド名の通りサイケデリック・ロックと、アメリカが誇るロックシティ“デトロイト”が生み出した、MC5STOOGESにも通じる、破壊力満点のストーナー系ロックンロールを鳴らします。メンバーは、S.A.T.O(Vocal & Guitar)、M.I.H.O(Guitar)、kao☆run(Bass)、Nori(Drums)の4人組。60年代のフラワーチルドレンを思わせるカラフルでヒッピーチックなコスチュームに身を包んだ4人は、狭いステージ上で艶やかに輝きながら、ハートビートに直結したワイルドなガレージロックンロールをプレイして、オーディエンスを熱狂させています。
 
PhotoPhoto

僕はHAIRSPRAY PSYCHEを福生のロックカーニバル「カニ坂ロックフェス」のステージで目撃したことがあるのですが、今夜のステージでもS.A.T.Oの荒ぶるパワフルなシャウトと、ロッキッシュなツインギターの絶妙な絡み、そして粘りのあるリズム隊の演奏が冴え渡り、60〜70年代ロックへのオマージュが錯綜する彼女たちのライヴはとにかく最高。ラストの2曲は、BEATLESの「Helter Skelter」とIGGY & STOOGES「NO FUN」の壮絶なカバーでピークを迎えます。
 
PhotoPhoto

【HAIRSPRAY PSYCHE 公式サイト】
http://www.myspace.com/hairspraypsyche
【セットリスト】
M1. Anything
M2. Sweet baby
M3. New moon
M4. Robber
M5. ゆら
M6. Rainbow
M7. Joy
M8. Helter Skelter(THE BEATLES
M9. No fun(THE STOOGES

二番目に登場するのは、ココロー&ヘルニアンズ。軽快なブリティッシュ・ビートと、熱いロッキンブルースで聴衆を絶え間なくダンスさせる彼らは、とてもソウルフルな5人組バンドです。爽快なオープニングナンバー、「ヒッパレ魂」が始まるなり、フロントマン、コイケココロー(Vocal)のソウルシャウトが炸裂します。その傍らでは高田ジッピー義久(Guitar)が、KEITH RICHARDS譲りのロックンロール・ギターでバンドのテンションをグイグイと上げて行きます。
 
PhotoPhoto

ボトムを支える菅佐原‘DUCK DAI’大介(Bass)と、熊谷クーミン智明(Drums)は、タイトなビートを淀みなく生み出し、ムードメーカー的存在の菅佐原‘shunboy’俊介(Vocal, Guitar, Harp & Percussion)は、ひょうひょうとした佇まいでブルースハープを巧みに吹き鳴らしています。DR.FEELGOODSAM COOKERCサクセション等から得たR&B精神を武器に、魅力的なオリジナルナンバー6曲をプレイし続けた彼らは、客席にいた盟友バンド、THE HOT ROCKSのメンバー(ICHIROJUN)をステージに招き、CHUCK BERRYの名曲「Johnny B Good」を華々しく演奏してライヴ終了。
 
PhotoPhoto

【ココロー&ヘルニアンズ 公式サイト】
http://hernians.com/
【セットリスト】
M1. ヒッパレ魂
M2. ジョニー三太郎
M3. ミミズマン
M4. ハッピーソング
M5. 孤独のワンダー
M6. 極東のロックンロール
M7. Johnny B Good(WITH 一郎ジュンfrom THE HOT ROCKS

続いて登場するのは、自らを平成日本のThe Rolling Stonesと標榜する、神奈川県海老名市で結成されたVESSE。なるほど、ステージに登った5人のメンバー、JUN(Vocal)、JC(Guitar)、Lightnin’ Aoshiba(Guitar)、Sekido(Bass)、Takehe(Drums)の気だるく妖しい雰囲気を漂わせる立ち姿を一目見れば、彼らがThe Rolling Stonesの子供達であることは間違いないと誰もが納得することでしょう。
 
PhotoPhoto


長い髪を振り乱し、ステップを踏みながらライトの光に浮かび上がったJUNは、DAVID JOHANSEN張りのロックンロールヴォイスを轟かせて、音の渦の中に切り込んでいきます。…The Rolling Stonesのみならず、STREET SLIDERSFLAMIN’ GROOVIES、そしてあの村八分を彷彿させるサウンドを聴かせてくれます。グラムロック期のLOU REEDを思わせる「She is Monkey」と、スローブギの「退屈天国」「雨上がり昼下がり」では、Lightnin’ AoshibaMICK TAYLOR張りのスライドギターが眩い光を放ち、VESSEのロックンロール・ショウは熱狂の中、終了。
 
PhotoPhoto

【VESSE 公式サイト】
http://www.myspace.com/italiarecords
【セットリスト】
M1. これが恋だって
M2. ドクの唄
M3. 君がいてくれる
M4. She is Monkey
M5. 退屈天国
M6. 雨上がり昼下がり
M7. 君のくちびる
M8. あの娘わがまま

そして、本日のラストを務めるのは、北海道札幌で結成され、横浜を拠点に活動中のやさぐれ。メンバーはDASS(Vocal)、純也(Guitar)、弦斗(Bass)、文平(Drums)、無空(Djembe)の5人組。、「零の世界」の鋭く切り込んで来るワウワウ・ギターが唸りを上げ、リズム隊がポリリズミックな音の波を作り出し、GEORGE CLINTONのようなカラフルなドレッドヘアが強烈な印象を与えるDASSがマイクに向って吠え出すと、並み居るオーディエンスは立ち上がって、熱い声援をメンバーに向けて送ります。「寄らば切る」と言わんばかりの殺気を漂わせるやさぐれのライヴがついにスタート。
 
PhotoPhoto


やさぐれのステージングは本当にエキサイティングです。メンバー全員が激しく体を動かしながらの渾身のプレイは圧巻の一言。聴覚を弄するワイルドなギタープレイ、秀でたテクニックを見せつけるリズムセクションによる16ビートの洪水と、呪術的な魔力を持ったDASSのパフォーマンスに魅せられた人々は、フロアーで思い思いのダンスを披露し、観衆の熱気に煽られたバンドの演奏はますますヒートアップ。神秘性さえ感じさせる瞬間が次々と繰り広げられて行きます。強靭にうねるアフロリズムが腰を直撃する「ちょうちん」、鮮烈なファンクロックビートが襲いかかって来る「眠れる獅子を呼び起こせ」をラストナンバーに、やさぐれのステージは終了。
 
PhotoPhoto

【やさぐれ 公式サイト】
http://yasagure.uccello.jp/
【セットリスト】
M1. 零の世界
M2. フーテン半分
M3. 黒い鴉
M4. ちょうちん
M5. 眠れる獅子を呼び起こせ

バンドとオーディエンスが一体となって、福生の深い夜を熱く盛り上げた、今夜の『COSMIC DRIVE Vol.3〜After X’mas Rock’n Roll Party〜』。4組の出演バンドの音楽性は、それぞれバラエティに富んでいて、さすが、出演者のクオリティの高さには定評がある「福生UZU」ならではのイベントだったと思います。次回Vol.4も決定したようです!このロックンロールパーティーに是非、読者の皆さんも参加して欲しいと思います。

次回COSMIC DRIVE vol.4は、5月29日に決定!
詳細のお問い合わせは福生UZUまで。

  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
The HIGH
2019年4月17日更新
第15回「LAST ONE OK?」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年5月25日更新
第十二回「マニア道」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話