コラム
WELCOME TO THE NEXT WORLD
The HIGH
hirono(Vo / ex. LOVE MISSILE、Julian)、Matty(B / Rama Amoeba )という日本のモッズシーン、グラムロックシーンで活躍し続ける2人に、Tomoaking(G)とBenny (Dr)が加わり結成された4人組バンド。 2013年4月25日より現体制で活動開始。2014年11月、結成2周年を記念して28日に初ワンマンライブを新宿Red clothにて開催、大成功をおさめる。 2015年6月3日、山森“JEFF”正之(THE COLLECTORS、THE ORANGES)をプロデューサーに迎え、初のフルアルバム『The HIGH』を全国リリース。現在は、都内を中心に、全国各地のライブハウスで活動中。 そして約2年ぶり、2017年7月19日にセカンドアルバム『Welcome To The Next World』 を全国リリースすることが決定。

第2回「あの日信じた未来へ!」


はい、OGです。

コラムを書くにあたって、テーマを訊いたところ「テーマはフリー」とのことなので、自由に書かせて頂きます。

何書こうかな〜。

hirono_001

ちょっと待て。
「フリー」っていうのが一番困るんだよぅ。(´・ω・`)

まあ、じゃあ、音楽関連のサイトなので、音楽のことを書きましょうか。
あ!じゃあ、2ndアルバムのセルフライナーノーツをここで発表しちゃいましょう!

これ全部で何回書くのかな?
とりあえず6曲づつ、前半&後半で分けようね。

これを書いてるのは発売の1週間前なので、みんなの感想を聞く前の印象です。
では、行ってみよう!(`・ω・´)
 
 
01 Welcome To The Next World

アルバムの一曲目を飾るこの曲は、ビートルズのラバーソウルあたりを意識したブリティッシュ風味のナンバー。
ギターソロなんかも、どこかで聴いたフレーズですね。(笑)

俺はこの歌詞で言ってることを10年くらい前から考えていて、その国に「ロマンティック共和国」という名前をつけました。
だからもう、随分前から日本人じゃないのです。

法的には日本人だけど、そんなことはあんまり重要じゃなくて、自分が自分らしくいられることが一番大事なんだよね。

それと、「新しい旗のデザイン」はみなさんが各々考えて下さい。
OGのはちなみに、りんごの左右にうさぎがいるデザインでとても可愛いのです。

良かったら、あなたも僕らの国に遊びに来て下さい。
そして、そこがもし気に入ったら、一緒に暮らそう。
 
 
02 Sunday Tambourine

これはMattyの持ってきたベースラインから出来た曲なんだけど、まあジャクソン5ですね。(笑)

hirono_002

フェスとかで踊りやすいようにドラムを「ドッチ—ドッチ—」っていう感じにしてもらったら、なんかご機嫌になったよね。

1stにも参加してくれたケイさま(おおくぼけい)のプレイはやっぱり最高で、もう一生離したくない逸材だと思いました。

Twitterにも書きましたが、サビのコーラスは曲を作ってるときのリハテープに録音された謎の声を採用しました。
恐らく、ファンキーな霊がやって来て、いたずらで吹き込んで行ったのでしょう…。^^;

あの音源、まだBennyさん持ってるかな?
「怖い」って思う前に「カッコ良い」って思ったよ。
 
 
03 We Had No Choice But To Do

これは一番新しい曲。

初めは3rdに入れようと思っていたのですが、いつ出すかも分からない3rdを待てるほど平和な時代ではないので、思いきって2ndに入れました。
でも、その判断は正しかったと思います。

曲を作った時点で、「真城さんがコーラスをつけてくれたらな〜」なんて思っていたら、それが本当に実現して超嬉しかったです。

そういうのも全部タイミングで、3rdまで待ってたら、いつの間にか埋もれてた曲かも知れません。

個人的な見解だと、この曲のおかげでやっと、The HIGHJulianFURSがやってきたことの延長ではなく、ひとつのバンドとして独立出来た気がします。

過去の自分達や、誰かの影響に左右されたものではなく、この4人でしか出せない音。
それがやっと出せたのかなって思いました。

歌詞も、我ながら上出来だと思います。m(__)m
 
 
04 Baby I Love You

この曲が出来たときは、「2ndの1曲目が出来た〜!ヾ(o´∀`o)ノ」と思っていたのですが、4番バッターのポジションに昇格(降格?)です。
ここで唄ってることも普段から考えていて、戦争とか本当にバカらしいなって思います。

ただ、武器を捨てて唄を唄われると困る人たちもいる訳で、その人たちをどうやって振り向かせるかが今後の課題ですな。

先は長いと思う。
そして、自分が生きてるうちに達成されることはまずないでしょう。
でも、諦めないことが肝心なんだよ。
 
 
05 Go Away

はい、政治色が強くなってまいりました。
パンク出身だからしょうがない。^^;
 
 
06 Fool Rule

キングさんはギターが上手くなったよね。
1stを出してからの2年間で一番成長(?)したのはキングさんだと思ってます。
そんなキングさんのリフから出来た曲。

歌詞は世の中に対する不満をぶちまけました。
何度も言うけど、俺は本当はラブソングだけ唄っていたいのです。
でもね、この世知辛い世の中とロックの神さまがそれを許してくれないんだよ。

hirono_006

バンドマンとして売れたい気持ちは勿論あるけれど、それより強い気持ちがこういう歌詞を書かせてしまうんだね。
カッコつけてる訳じゃなくて。
いや、むしろカッコ悪いよ。

でも、それがOG
なんつって。(-。-)y-゜゜゜
 
 
OK!
次回は残りの6曲を書くよ。
お楽しみに☆

 




公式サイト http://the-high.net/
Facebook https://www.facebook.com/TheHIGHmods/
Twitter https://twitter.com/The_HIGH_Info

●CDリリース情報
発売日2017年7月19日(水)
アーティスト:The HIGH
アルバムタイトル:「Welcome To The Next World」
税抜き価格:2,500円
品番:DCPYC-1707
レーベル:DECCAPYES
流通:UK.PROJECT

収録曲
M1 Welcome To The Next World
M2 Sunday Tambourine
M3 We Had No Choice But To Do
M4 Baby I Love You
M5 Go Away
M6 Fool Rule
M7 Ruby Wednesday
M8 Johnny’s Train
M9 Everybody!
M10 Brand New Little Car
M11 I Feel Good Tonight
M12 One Piece

【The HIGH 2nd ALBUM Release TOUR】(仮タイトル)
2017.07.19 代々木 Zher the ZOO YOYOGI
2017.07.29 代々木 Zher the ZOO YOYOGI
2017.08.04 埼玉 HEAVEN’S ROCK
2017.08.06 千葉 LOOK
2017.08.19 代々木 Zher the ZOO YOYOGI
2017.09.01 新代田 FEVER
2017.09.23 いわき SONIC
2017.09.24 仙台 FLYING SON
2017.11.10 小倉 FUSE
2017.11.11 博多 CB
2017.11.12 大分 CLUB SPOT
2017.11.24 名古屋 TOKUZO
2017.11.25 大阪 Fandango
2017.11.26 岡山 Desperado
ツアーファイナルワンマン
2018.01.27 京都磔磔
2018.02.17 下北沢GARDEN


  コラムニスト
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年8月10日更新
第15回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話