コラム
メタル・ギタリストは陽気な裸のギャング達の夢を見るか?
島紀史
日本のHM/HRシーンを牽引するCONCERTO MOONのリーダー兼ギタリスト。4歳からクラシック・ピアノを始め、13歳でリッチー・ブラックモアに衝撃を受けた事により、ギターを手にする。関西で数々のバンド活動を経て、96年にCONCERTO MOONを結成、98年にVAPよりメジャー・デビュー。暗黒時代と言われたジャパニーズ・ヘヴィ・メタル界に彗星のごとく現れたギター・ヒーローとして、ギター・キッズを熱狂させた。00~07年には、CONCERTO MOONと並行して、プロジェクト・バンドDOUBLE-DEALERでも活躍。シンフォニーXらと共に行ったフランス・ツアーや、ストラトヴァリウスやイングヴェイ・マルムスティーンの日本公演でのオープニング・アクトに抜擢される等、海外アーティストとの競演も多数あり、国内外を問わず、高い評価を得ている。

◆連載終了◆

島紀史コラム「メタル・ギタリストは陽気な裸のギャング達の夢を見るか?」は連載を終了しております。
左側の「過去記事」メニューから、バックナンバーをお楽しみください。

  コラムニスト
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年8月10日更新
第15回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話