コラム
ニューロティカの「今月は俺がロックバカ!」
ニューロティカ
高校の同級生、アツシと修豚(しゅうとん)が、1984年1月NEWROTEeKAを結成。インディーバンドとしては異例の読売ホール、渋谷公 会堂でのワンマンライブを満員にした彼らは、1990年6月、満を持して日本コロムビアより、シングル「ア・イ・キ・タ」でメジャーデビ ュー。結成以来30年、メンバーチェンジを繰り返しながらも、メジャー、インディー問わず他の誰も真似することの出来ないロックをやり 続け、これまでに発表したCDなどの音源は30を超え、ライブ本数は1700回を数える、新宿ロフトの出演回数は断トツの歴代1位であり、 今もなお物凄い勢いで走り続けている日本を代表するロックバンドである。そして、4月18日から、バンドのフロントマンでボーカルのア ツシを追ったドキュメンタリー映画「あっちゃん」の公開を控えている。

6突目「ラフィンノーズPON氏とベーシスト対談!」


二回目の登場、ニューロティカのベースのカタルです。
 
世間はスッカリ秋・・・っていうかもう初冬?って事で涼しくなって上着が必要な陽気なもんで、バンドマンたちは革ジャンを押入れから出してくる訳ですよ。やっぱりダブルの革ジャンはマストですからね。僕もカッコイイ革ジャンを持ってるんですが、二年前から着れてません。サイズが小さくて前が閉まらないというションボリな状態。原因は自分が太ったってだけなんで、痩せれば着られるんだから簡単じゃんか。って二年前からダイエットするベ~って思ってますが、未だ着られませんなう。今年もまた着られないの?どうなのよカタル?って感じの今日此の頃です。
 
そして相変わらずロティカラフィンノーズとの『タンブリングツアー2015Heaven or Hell ニャン!パローレ!!』の真っ最中。10月17日の新宿ロフトが後半戦のスタートって感じで、残りはあと9本!11月末まで続きます。って事で後半戦を乗り切るイキオイをつける(?)為にこの日のリハ後に飲みに行こうとするラフィンノーズPON氏に無理やりお願いして楽屋でベーシスト対談を敢行!バンドマンやベーシストは必読(?)の対談(雑談)をどうぞ!
 
KATARU (以下はK)「今年のタンブリングも、もう後半戦ですね」
PON(以下はP)「ようやく後半戦に入ったんかな?今回は長いよね」
K「毎週のように一緒に演らせていただいて・・・なにしろ楽しいですね(笑)」
P「そうそうそうそう・・・友達やな(笑)」
K「ホントに毎年思うのは・・・お元気ですよね、特にPONさんが」
P「まあね(笑)カラ元気やからね!」
K「普段からスゴイお元気なんで、たまにテンション低い時は心配になりますね」
P「ああそう?おとなしい時やろ!?」
K「って言いますか・・・テンションが普通の時(笑)」
P「ああ(苦笑)・・・なるほどなるほど(笑)」
(タンブリングツアーではラフィンノーズの「Get The Glory」でロティカも登場して、一緒にアンコールセッションで盛り上がるのが恒例になってるって事で)
K「アンコールではPONさんのベースを弾かせていただいてて・・・あれはGibsonのサンダーバードでしたよね?今年はリッケンからサンダーバードに変えましたよね。僕は弾くの初めてでしたが、弾きやすいですね!」
P「まだあれは弾きやすいね。前に使ってたヤツは物凄くテンションが硬くてもう・・・鉄筋をキンコンキンコンやるみたいな。今回のはちょっと・・・割と調整してんのよね」
K「ピックはすごく柔らかいのをお使いじゃないですか。あれはアタック音を無くすようにって事なんですか?」
P「いや、なんか楽やから!(爆笑)サンバーダード自体が物凄くテンション高いから、硬いピックやとバキバキとケンカしてるみたいになんのよ。だから指弾きの感じでいけたらと」
K「なるほど!ソフトタッチですね」
P「せやねんね~」
K「昔はもっとガリガリ弾いてましたよね?」
P「ガリガリやってんね・・・まあそこに・・・力抜いてもイケるようなとこまでに到達できたかなと・・・やっとなんやけど!遅すぎたって感じするね(笑)」
K「いえいえ、僕は未だに硬いピックでガリガリですから」
Pカタルみたいに華麗に中指薬指小指を開きながらやりたいんやけどね~、 どうしても力入れすぎると・・・」
K「あれ?僕開いてます?(笑)」
P「(ピック持つ手が)ドラえもんの手みたいになってまうねんね~。それがイヤやから、柔らかいのでイケるかと思ったんやけど・・・やっぱ(手を握って)こうなってまうねんね(寂しそうに)・・・」
K「ああああ、そうなんですか・・・やっぱベースの事に関して日々研究してるというか・・・」
P「せやね!練習はしてないけど、ベースという楽器に対しての研究はしてるかもしれんね。だって車みたいなもんで・・・乗り心地良くしたいじゃん。カタルもマメに(メンテナンスに)出してるじゃん?」
K「そうですよね。そういう事ですよね!あと、ラフィンさんはライブ前のリハを物凄くちゃんとやってますよね?」
P「あれ?オレらやってる方?」
K「やってると思いますよ!やっぱりライブも連日になると今日は軽くしておこうとかになるじゃないですか。でもラフィンさんは毎回キッチリやって、チャーミーさんも全力で歌ってて・・・曲数もガッツリやりますし、いつも見てて気持ちいいな~って」
Pロティカもちゃんとやって・・・端折ったりしないよね?」
K「僕らは心配症なんで・・・でも(疲れてて)声が出ない時は あっちゃんも僕も無理しない程度に抑えたりしますけど。」
P「自分たちではわりかしアッサリ終わらせてるつもりやったけど、なかなかクドかったんやね(笑)」
K「いや~、あれは若いバンドとかから見るとスゲーなって思うところじゃないですか?見習うべきところだと」
P「ああそう(笑)サラっと終わらせてるつもりやってんけどな・・・普段練習してないからや!」
K「そしてそのリハの後・・・違うイキオイも入れるじゃないですか?出番前まで飲みに行っちゃってますよね。あれ(お酒)はやっぱり一番のガソリンですか?」
P「そ、そうやね。(声が小さくなって)気付けやね・・・」
K「そして毎回気付け前と気付け後を見てる訳なんですが・・・気付けし過ぎちゃってる事もあります?(笑)」
P「う、うんうんあるよあるよ・・・気付けし過ぎてもう台無しになってる事がね・・・マイナスでいってるやろって、プラスじゃなくて・・・」
K「(笑)や、やっぱりそうですか!?」
P「その・・・日々の誤差を無くすために、最近はもうライブ直前の気付けだけに留めてるよね。SE(ライブが始まる登場時に流れる曲)が鳴ったら、ワンカップをクイっと飲み干すと・・・」
K「もうあのワンカップを一気にいった時の楽屋のどよめき・・・おおお~、ポンさんそうきましたかって(笑)」
P「そうそう・・・可哀想にって感じでしょ(笑)」
K「いえいえ、ライブ前の(気持ちの)持って行き方は人それぞれですから・・・僕の場合はレッドブルで・・・」
P「ああ、あれ効く?」
K「それも気持ちの問題だと思いますよ~。元気だったらより元気になる気がするけど、あんまり無理矢理な感じだとライブ後にガクンときますから」
P「まあ終わった後なら心地よい疲れやからいいよね」
K「とにかくライブ前の気持ちの整え方っていうのは人それぞれだっていう事で・・・でもやっぱりポンさんは豪快だと思います!」
P「(爆笑)切り返しをどう切り替えていいのかも分からんからもう・・・そやから・・・もう飲むのもシンドイから、アルコールを血管注射しよかな~思うて。チューって!」
K「(爆笑)もう飲まないで直接いっちゃいます!?」
P「そうそう、そんなら胃も楽やし・・・ホンマに・・・それ誰か研究して商売したら売れると思うねんけどな。チューってね」
K「チュ、チューってですか!?」
P「あんまり俺・・・酒好きちゃうねん!」(PK しばらく爆笑)
(タンブリングの打ち上げでポンさんはあっちゃんに付き合わされて日本酒をイヤイヤ飲んでる時が多いので)
K「特に日本酒は好きじゃないですよね?」
P「う・・・うんうんそうそう」
K「一番気持ちよく酔えるのは焼酎とかですか?」
P「いや・・・ビールかな」
K「やっぱり実はビールですか。でもお腹タッポンタッポンにならないですか?」
P「いや、なるから・・・うん・・・そのあと・・・あっちゃんと日本酒かな(笑)」
K「ホントは好きなんじゃないですか!?でもあっちゃんを見てると・・・日本酒は毒でしかないような気がするんですけど!」
P「せやね(笑)毒やね、あれはホンマに。石油みたいな・・・灯油や灯油」
K「なにしろ身体を燃やしちゃいますか!?」
P「だからもう最近はあんまり飲んでないよね。ワンカップを一杯グーっとやるだけやからね」
K「そういえばライブ中にポンさんが急に曲を止めて、違う曲にしようって言ったりしたことがありましたよね?あれもスゴイな~と」
P「時々あったね、そんな時がね。まあ・・・カタルもDJやってるじゃん?あの感じ。あーコレ今日ちゃうかった!違うレコードかけよ!みたいな」
K「ちゃんと場の空気が読めてるって事ですよね。サスガです。でも最初は驚きましたよ~。えええっ?曲止めたよ~!?って(笑)」
P「ははは、でも最近はソレ無いよね?」
K「そうですね、今年は僕が観てた中では無い気がします。そう考えると、これだけ一緒に居るんで僕らと一緒じゃない時はどんな感じなんだろうってのも気になりますね」
(ちょっと前に楽屋に入ってきたあっちゃんがトボケて)
A「僕はラフィンのライブに毎回行ってるから知ってるよ」
K「ええええーーー?ホントにーーーー?」
Pあっちゃん、ほとんど来てるよねぇ。(天井を指差して)あのへんから見てんのやろ?」
K「い、生き霊!?」
P&K&A「どうもありがとうございました~」
 
てな感じで物凄く為になるベーシスト対談でしたね~(笑)。読者の皆さんにはご満足いただけたでしょうか???
ラフィンさんとのツアーはまだまだ続きます。各地のライブ会場でお会いしましょう!!
 
pic1
 
 
前回のジェームスの回とカブりますが。ロティカは新曲「五十の夜」のミュージックビデオの作成中!しかも「五十の夜」1曲で内容と製作スタッフが異なるVを3本も作っちゃおうという暴挙!その第3弾目を製作中ですなう。そして第1弾はもう発表されてるはずなんで、ロティカHPをチェック!
http://newroteka.com
 

 
さらには昨年敢行して大好評だった無料ライブとその後の謝恩会を、今回は大阪と名古屋でやります。大阪が忘年会で名古屋が新年会ってことなのでたくさん集まってくださいねー!
 
pic2
 
 
そしてさらにニューロティカ情報としては・・・またしてもアイドルとコラボ!名古屋の3人組アイドルグループ「THE SPUNKY」の3rdシングル「ロックンロールとアイドルと私」の作曲を僕が担当し、演奏はニューロティカ
 
それが10月6日に発売になって、結構売れてるらしいぞ!アイドルなのにかなりパンキッシュでロックンロールな仕上がり!是非とも聴いてみてくださーい!
http://thespunky.wix.com/the-spunky
 

 
pic3
 
そんな感じなカタルでした。それではまた次回の4ヶ月後までバイバイモンキー!!


ニューロティカライブスケジュール
2015年10月25日(日)浜松窓枠
2015年10月30日(金)新宿ロフト
2015年10月31日(土)神戸太陽と虎 タンブリング
2015年11月01日(日)津BASS-1 タンブリング
2015年11月02日(月)名古屋CLUB UPSET タンブリング
2015年11月03日(火)静岡Sunash タンブリング
2015年11月07日(土)石巻BLUE RESISTANCE タンブリング
2015年11月08日(日)花巻なはんプラザ タンブリング
2015年11月15日(日)川崎CLUB CITTA’
2015年11月20日(金)札幌コロニー
2015年11月21日(土)札幌コロニー
2015年11月22日(日)福岡CB
2015年11月27日(金)高松MONSTER タンブリング
2015年11月28日(土)愛媛新居浜JEANDORE タンブリング
2015年11月29日(日)高知X-pt. タンブリング
2015年12月06日(日)新宿アンチノック
2015年12月12日(土)心斎橋KING COBRA
2015年12月13日(日)徳島CROWBER
2015年12月20日(日)岐阜CLUB ROOTS
2015年12月22日(火)下北沢ReG
2016年01月16日(土)名古屋CLUB UPSET
2016年01月17日(日)岐阜柳ヶ瀬ANTS


 
ニューロティカ Official Website:
http://newroteka.com/
 
BEEAST【NEWS】映画『あっちゃん』インタビュー
(ニューロティカ結成30周年記念ドキュメンタリー)
http://www.beeast69.com/news/rockinfo/125868
 
 
 
 


  コラムニスト
戦国★コンプレックス
戦国★コンプレックス
2022年10月30日更新
第8回「鎌倉見仏記」
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話