コラム
ビートレポート
中村“MR.MONDO”匠
大阪府出身、1983年2月1日生まれのO型。
1997年に大阪で結成され、今年で20周年目を迎えるTHE NEATBEATSのドラマ―。国内外問わず、年間100本以上のライブ行うロックンロールバンドで、なかでも、国内のグループでは唯一無二と言えるオール・ビンテージ機材で演奏する“生音ライブ・シリーズ「BACK TO CAVERN!」は、ボーカル以外は全て生音、PA無しの音響でセットされ、1960年代初期のビート・バンドの登竜門的会場で知られるリバプール、キャバーン・クラブを想像させる英国パブの様な演奏スタイルを忠実に再現した贅沢な空間。そのこだわりが大反響を呼び、毎回即ソールドアウトのイベントだ。
現在は、結成20周年を記念したツアー『~The Neatbeats 20th Anniversary “Two-Man Special”~「RHYTHM AND BEAT SHOW」』の真最中。4月にはスペイン&ポルトガルツアー、5月にはフランス最大級のロックンロール・フェス「COSMIC TRIP FESTIVEL 2017」への出演が決定している。また、ドラマ―としてのみならず、渋谷OTO「Upliners」をオーガナイズするなど、DJとしても精力的に活動中。

第八回「一問一答」


このコラムも早いもので8回目です!最近はライブ終わりにお客さんに「コラム面白かったです!」と声を掛けて頂く事がライブの感想よりも多くなって参りました。

ライブの感想は…?と思わない事もないですが、大変に嬉しいです!ありがとうございます!バンドマンや関係者からも感想を言って貰える事も多く、思ったより沢山の皆さんに読んで貰えているのだなぁと嬉しく思っております。
 
 
そんな中「コラムの内容が病気と怪我のことばかりですね?」との声があり、確かにそうだ!と激しく同意。

では、思考を変えて双方向コラムを目指し質問を募集しようと思い、私のSNSで質問・お題を募ったところ、沢山のメッセージを頂きました!ありがとうございます!

全てにお答え出来ている訳ではないですが、今回は非掲載でも、まだ次回以降使わせて頂くかもしれません。また、一言添えてくれているメッセージが暖かくて…涙。皆さん優しい!

常に質問・メッセージは募集して、ある程度溜まったら再度、返答大会をやりたいと思いますのでジャンジャン送ってくださいね!

8

それでは一問一答、いってみましょう!
 
【HN:たまこ】
Q1.私はニートビーツを好きになってからブランクがあり再びライブに行くようになったのですが、モンドさんと他のメンバーとの出会いをあまり知らなくて、どんな出会いだったのか、各メンバーさんの第一印象やモンドさんの当時の意気込みなど、教えていただきたいです。

A.何故入る事になったかというと、知り合いの知り合いって感じで紹介されたのがキッカケです。加入した10年前は、私も東京でバンド活動をしていて、当時のメンバーとリハーサルスタジオでニートビーツのインタビュー記事を読んでいました。掲載されていた鬼のツアースケジュールを見ながら「こんなん絶対無理やろー!」とか言っていたのですが、結果的に全部自分がやる事になります。。

第一印象なんですけど、実はニートビーツが大阪時代に同じリハスタでバッティングした事がありまして。ちょうど「黒いジャンパー」がリリースされた頃で、私は10代でした。皆、背も大きくてイカツい印象だったので「あぁ、なるほど。これはカタギの人がやってるバンドじゃないんだな。自分はこういう人達とは関わらない様に音楽を続けて行こう。」と思ったのですが、数奇な運命により加入する事になる訳です。
意気込みとしては、今も昔も変わりません。やるなら、とことん!!

Q.2 今まで沢山の街に行っていますが、今後行ってみたい街はありますか??

A.国内で言うと、全国47都道府県は全て訪れた事があります。が!沖縄はプライベート(姉が住んでいる)でしか行った事がありません!沖縄でライブしたい!どなたか!よろしくお願いします!ソーキが好きです!
 
 
【HN:コステロの黒縁メガネ】
Q.モンちゃんのドラムスを聴くと、キースムーンボンゾヘッドコーツジョニーさんを思い出します。お手本にしているドラマーさんは居ますか?

A.大変恐縮です。名前の上がった方々は当然好きですね。お手本という話になると、やはり基本はリンゴスター先生でしょうか。当時のBilly.J KramerThe MerseybeatsThe Shadows…名を上げればキリがないのですが、何か変な人達は全員お手本です。8ビートを普通じゃなくカッコ良く叩く人の違和感を研究しております。8ビートはドラムの中で1番普通のリズムパターンなのですから、普通に叩いたら…普通なのです。。
 
 
【HN:roychang】
Q.普段、筋トレとかしてるんですか?

A.しておりません!なので、ドラマを叩く以外のパーツはユルめに仕上がっております。ユルキャラと言っても過言ではありません。
 
 
【HN:ユウトシュウ】
Q1.楽器未経験者で音楽愛聴家です。楽器、特にドラムの「上手い」が分かりません。下手な人は分かるのですが、普通の人と上手い人の差はどこにあるのでしょうか。さらにプロの人同士でのスペシャリティはどこが違うのでしょうか。

A.これは真面目に答えねばなりません。単純に上手い下手というのは技術面だけでは言えませんね。技術的な上手い下手は、最低限のテクニック以上の違いとなるとプレイヤーでないと分からないかもしれません。細かい動きだったり、手足のコンビネーションですからね。ただ、私が思うドラムの上手いというのは技術だけではなく「ライブが出来るかどうか」だと思っています。毎回同じテンポ・リズムキープも完璧、それは正しい演奏だと思います。

ただそれが、その日、その場所、その瞬間の正解かどうかは分かりません。私の中で「正しい」と「正解」は違うのです。私はバンドマンですし個人的にはテクニカルで正確な演奏をするドラマーより、多少荒くてもその瞬間の最高を演奏出来るドラマーが好きです。

あれ。好みの話になってしまいました。答えになってます?分からなくなって来たので次行きましょう!

Q2.25〜30歳男性が誘う理想の初回デート(付き合う前)を教えてください。場所は東京都内、14時集合〜23時解散想定です。

A.14時集合という事はランチの線はありませんね?初回という事もありますし、甘い物で身も心も柔らかくしていきましょう!青山のキルフェボンでフルーツタルトでも行ってしまいますか!そこから新宿へ移動。ルノアールでコーヒー飲んで、映画「GHOSTROADS」を観にシネマート新宿へ!観終わったら、すかさずアイリッシュパブです!映画の感想を語らいながら黒ビールとフィッシュ&チップス!締めのデザート迄に次回の約束を取り付ければ完璧です!
 
 
【HN:Tama】
Q1.ドラムをやろうと思ったきっかけは何ですか?

A.1番格好良いからです。花形では無いかもしれませんが、やはりバンドの屋台骨。「弾く」「奏でる」のではなく「叩く」という所が野性味溢れており、ロックンロールと言わざるを得ません。というのは後付けで、吹奏楽を始めた時に人が居なかったからです。

Q2.いまハマっている食べ物ありますか?

A.野菜です。昔は…焼肉に添えられている野菜がありますよね?肉以外は全部捨てろ〜!とか言って自分は手を付けませんでした。今は野菜に肉が添えられているくらいがちょうど良いかも?(過言)野菜って美味しいですね。歳でしょうか。

Q4.最近観てよかった映画はありますか?

GHOSTROADSとさせて頂きたく存じます…。最初は恥ずかしくて観てられなかったのですが、3回目にしてやっと慣れました。なので、皆さんも3回観て下さい。宣伝になりまして申し訳ない気持ちです。

Q5.海外ツアー 行きたい所に行けるとしたらどこへ行きたいですか?

A.スペイン(毎年楽しい) イギリス(聖地)
 
 
【HN:あまむ】
Q.LIVE中の一番のアクシデントはなんですか?

A.骨折です。。その他で言えば、折れたスティックが顔面直撃して流血した事がありましたね。あと、野外フェスの時に出番が暗くなってからだったのですけど、照明に大量の虫が集まって来て大変だった事がありました。セッティングの時点では薄っすら青く照らされているステージ。その中でドラムセットを確認していた時にポンと右肩に手を添えられた感覚があって振り返ったのですが、誰もいない。しかし、肩に手を添えられている感覚は継続している。その部分に目をやると、、、、手のひら大の巨大な蛾が肩に留まっていました。

振り払おうとして腕をブンブン振り回してハイハットで腕を強打。よく見ると巨大な蛾や見た事ない足が長いレアな虫など、それはそれは大量の虫が集まって来ていました…。セッティングなんて殆ど確認出来ず本番に突入です。すると、どうでしょう。それまではヒラヒラユルリと舞っていた虫さん達ですが、照明かパーッと明るく点いた瞬間に大興奮状態となり狂喜乱舞!虫モッシュに人間である私か巻き込まれたみたいな事に!

ささやかな抵抗で息を吹きかけて虫を遠ざけたりしてるのですが、それで間に合う数ではありませんでした。ドラムを叩くのにスティックを振り下ろすのですが、太鼓に当たるまでに大きな蛾に当たる!その蛾が羽と身体が三分割になってスネアの上に落下し、バタバタしている!その上から叩きたくないので避けて叩いてスティックで落ちた虫達を弾き飛ばしながらのプレイ!パニックでした。。。しかも照明の前に居たのはドラムである私だけなので、離れた所に居るお客さんや他のメンバーは気付いていなかった訳です。ステージを降りて、お客さんに言われました。

「モンドさん、今日ノリノリでしたね!」
「うん、そうなんだけど…違うんだ。。」
 
 
————————————

そんな訳で、長くなってしまいました。
今回はここまで!

まだまだ質問・お題・メッセージをお待ちしています!
ハンドルネームを添えて下記まで!
よろしくお願いします!

beatreport.beeast@gmail.com
 
 


■THE NEATBEATS
Officail Website:http://www.neatbeats.net/
MR.MONDO Twitter:https://twitter.com/Nakamura_Takumi

■THE NEATBEATS Live Information

2017/10/20 (金)@新宿 red cloth(ワンマン)
2017/10/21 (土)@新宿 red cloth(ワンマン)
2017/10/28 (土)@京都拾得
2017/10/29 (日)@梅田シャングリラ
2017/11/02 (木)@札幌 COLONY (ワンマン)
2017/11/03 (金)@旭川 CASINO DRIVE
2017/11/04 (土)@釧路アイコムイベントホール
2017/11/05 (日)@札幌CRAZY MONKEY
2017/11/09 (木)@下北沢 CLUB Que
2017/12/02 (土)@仙台 LIVE HOUSE ann 2nd(ワンマン)
2017/12/03 (日)@盛岡Club Change (ワンマン)
2017/12/05 (火)@京都磔磔 (トークショー)
2017/12/09 (土)@岡山 CRAZYMAMA 2nd Room (ワンマン)
2017/12/10 (日)@名古屋 APOLLO BASE(ワンマン)
2017/12/22 (金)@新宿 red cloth (ワンマン)
2017/12/23 (土)@新宿 red cloth (ワンマン)
2017/12/24 (日)@千葉 LOOK (ワンマン)

■THE NEATBEATS Release Information

アーチスト : THE NEATBEATS
タイトル : LIKE THE CAVERN LIVE! REEL NO.3 & NO.4
レーベル : MAJESTIC SOUND RECORDS
品番 : MSCD-085/6
形式 : 2枚組CD (限定盤)
発売日 : 2017/3/22(水)
定価 : ¥2,600 (税抜)


(DISC 1)
1. RUN CHICKEN RUN
2. FARMER JOHN
3. YAH YAH YAH
4. 明日が来なけりゃいい
5. YOU CAN’T JUDGE A BOOK BY THE COVER
6. I WANT YOU
7. TWISTIN’ TIME WITH YOU
8. SWEET CHERRY PIE
9. I WANT TO BE YOUR DRIVER
10. YOU’VE GOT WHAT I WANT
11. オレに任せろ
12. TREAT HER RIGHT
13. BLUE BLUE BLUE
14. HEY 彼女
15. (DO THE) GLOBAL TWIST
16. 甘いジュース
17. YOU’RE SO FINE
18. 噂の男
19. DON’T YOU JUST KNOW IT MEDLEY
20. LIES
21. LITTLE BITTY PRETTY ONE
22. 黒いジャンパー
(DISC 2)
1. SHAKIN’ THE NIGHT
2. DR.FEELGOOD
3. ハートをわたそう
4. お願いBABY
5. TWISTIN’ THE NIGHT AWAY
6. HIPPY HIPPY SHAKE
7. HAMBURG TWIST
8. MAMA TALK TO YOUR DAUGHTER
9. MY BONNIE
10. SHAKE
11. I’M GOING DOWN THE LINE
12. TWIST AND SHOUT
13. I’M GONNA SIT RIGHT DOWN AND CRY
14. KANSAS CITY
15. ONE FINE DAY
16. MASHED POTATOES
17. I CAN TELL
18. THAT IS ROCK & ROLL
19. TWISTIN’ DAY
20. BABY LET’S GET SHAKE
21. MY BABE (REHEARSAL TAKE)
22. HELLO JOSEPHINE (REHEARSAL TAKE)

 
 
 


  コラムニスト
SABER TIGER
SABER TIGER
2018年8月12日更新
SABER TIGER「牙虎見聞録」第20回
The HIGH
さかもとえいぞう
2018年7月12日更新
人生の宿題その2
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2018年4月7日更新
第十回「名言集」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2018年4月12日更新
第19回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年12月10日更新
その7「Heart Of Gold」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2018年5月22日更新
Progressive Man 第40話