コラム
ビートレポート
中村“MR.MONDO”匠
大阪府出身、1983年2月1日生まれのO型。
1997年に大阪で結成され、今年で20周年目を迎えるTHE NEATBEATSのドラマ―。国内外問わず、年間100本以上のライブ行うロックンロールバンドで、なかでも、国内のグループでは唯一無二と言えるオール・ビンテージ機材で演奏する“生音ライブ・シリーズ「BACK TO CAVERN!」は、ボーカル以外は全て生音、PA無しの音響でセットされ、1960年代初期のビート・バンドの登竜門的会場で知られるリバプール、キャバーン・クラブを想像させる英国パブの様な演奏スタイルを忠実に再現した贅沢な空間。そのこだわりが大反響を呼び、毎回即ソールドアウトのイベントだ。
現在は、結成20周年を記念したツアー『~The Neatbeats 20th Anniversary “Two-Man Special”~「RHYTHM AND BEAT SHOW」』の真最中。4月にはスペイン&ポルトガルツアー、5月にはフランス最大級のロックンロール・フェス「COSMIC TRIP FESTIVEL 2017」への出演が決定している。また、ドラマ―としてのみならず、渋谷OTO「Upliners」をオーガナイズするなど、DJとしても精力的に活動中。

第十二回「マニア道」

みなさん、お久しぶりです!
THE NEATBEATSのドラム、中村”MR.MONDO”匠です!

ご無沙汰してしまいました。

そしてこの度。。。
恥ずかしながら帰って参りました!

そう!ニューリリース!
ライブDVDが出ます!

ドラム台が360°回転し、4方向に向いて演奏するパノラマライブ!
環境はTHE BEATLESの64’Washington DC公演の再現です!
今の時期のステージを最高の形で残せて貰えて嬉しいです!

現在はライブ会場限定で先行発売しておりますが、リリース予定も近日発表されます!

チェックよろしくお願いします!
 
61142931_2381006755509470_5622141323227168768_n
 
お知らせはこれくらいにしておきまして…
ご無沙汰してしまったので近況報告でも書きましょう。

最近、面白い方と知り合いました。
団地・電気風呂・鉄道・ドムドムハンバーガーマニアのけんちん氏と仰るお方。
元々はバンドマンなので、関西のバンド界隈では有名人の様です。

3月に紹介頂き、数名で飲んだのですが時間が足りずに翌日も同じメンバーで集合するという、なかなか経験のない盛り上がり方。
更に私は翌週、けんちん氏のアテンドで団地見学ツアーに行く程に。。

私には博がないので詳しくは書けませんが、とにかく団地は奥深い。
形状も違えば、成り立ちや周辺環境、歴史、構造の工夫や違和感、心遣い、そこに住む人々の独自カルチャー、掘り下げればキリがないです。

今まで気にも留めていなかったものにも仕組み、カルチャーが様々あるのだと感じました。
普段通りの生活をしていても、見えてくる光景が変わってきました。

そこで!
まだ掘り下げる至らないけど、最近気になり出したマニア道に精通しそうなものをリストアップしてみましょう!
 
 
●鉄塔・電柱・送電線
これは前から気なってはいたのですが、いよいよです。
色々な形がありますし、ツアー中に高速を走っていても山の中で無機質に佇んでいる様はカッコいいとしか表現できません。
いくら機械が進化しても、そもそもの動力である電気は送電線を伸ばしてきて供給されている。
そこにアナログを感じます。
ハイテクをアナログで動かしている訳です。
街の風景を見たときに、今までは心のフォトショップで電柱・送電線は消去されていたのですけど、気にし出すと至る所に張り巡らされている事が分かります。
当たり前の事なのですけど、今までは見えていなかったのです。
でも最近は?送電線は地中に埋めたり?ワイヤレスの送電技術もあるみたいですから?
手を出すには今しかないのか?どうなのか?

●給水塔
これは、団地巡りをしていた時にレクチャーして頂いたマニア道。
団地にある塔が何なのか考えた事も無かったです。
高所から重力を使って水を供給する方法だなんて知る由もありませんでした。
とてもアナログを感じますよね。
よく見渡すと街中に結構ありますし、形も様々。装飾も様々です。
高速道路を年中利用している私ですが、古くからあるPA・SAにも給水塔がある事に気が付きました。
こちらも無くなっていく仕組みだと思いますので、手を出すには今しかないのか?どうなの?ん?

●シンボルマーク
これは説明が難しいのですけど、分かりやすく言うとベンツのマークとか!
コカコーラみたいなのはフォントのデザインというイメージなので少し違う。。
Appleのような「そのままの絵」的なロゴも私の好きなポイントとは少し違う。。
例えばYAMAHAの音叉マーク!あれは最高!
なんというか、独自のシンボルマークデザイン1つで表現・主張・統率する感じ!
意味や由来を考えたり調べるのは楽しいです。
音楽的に言えば…Princeのマークみたいな事ですかね。
日本の家紋も同じような事かもしれませんね!
身近な事でいうと、スマホのアイコン!
その視点から観てみて下さい!良い味だしてるシンボルマークがありますでしょう?表現・意味が1つのデザインに詰まっていますよね?
ほら!盛り上がって参りました!おぉ?
 
 
とまぁ、挙げればキリがないので、今回はこの辺りにしておきます。。
視点が変われば視野も広がり、普段の生活をしていても入ってくる情報量が変わってきますね。
まぁでも、アレか。
言ってみれば我々もヴィンテージ機材マニアでありレコードマニアなのかもしれませんね。

掘りざける。
突き詰める。
誰にも迷惑をかける事もなく、生活を楽しむ。
素晴らしきマニア道に幸あれ!
 
 
—————–
 
BEATREPORTでは質問・悩み相談・感想メールを募集中。
下記アドレスまで、HNを添えてお送りください。
 
beatreport.beeast@gmail.com
 
 



■THE NEATBEATS
Officail Website:http://www.neatbeats.net/
MR.MONDO Twitter:https://twitter.com/Nakamura_Takumi

■THE NEATBEATS Live Information
2019年05月25日(土)金沢 pubric bar ash
2019年06月01日(土)大阪 塚本 HOWLIN’ BAR *MR.PAN
2019年06月09日(金)札幌 COLONY (ワンマン)
2019年06月10日(土)釧路 BAR火星ツイスト(ワンマンライブ)
2019年06月11日(日)札幌 BAR Stingray
2019年06月29日(土)出雲アポロ
2019年06月30日(日)岡山 CRAZYMAMA 2nd Room (ワンマン)
2019年07月05日(金)名古屋 得三 (ワンマン)
2019年07月06日(土)十三 FANDANGO (ワンマン)
2019年07月07日(日)京都拾得 (ワンマン)
2019年07月10日(水)十三 Fandango
2019年07月14日(日)盛岡 Club Change (ワンマン)
2019年07月18日(木)神戸VARIT.
2019年07月20日(土)長野CLUB JUNK BOX
2019年08月11日(日)下北沢 CLUB Que

■THE NEATBEATS Release Information
アーチスト : THE NEATBEATS
(ザ・ニートビーツ)
タイトル : LIVE AT “BIGCAT” COLISEUM ’18
(ライヴ・アット・ビッグキャット・コロシアム ’18)
形式 : DVD + CD
品番 : MSDVD/CD-002
価格 : ¥4,500 (税抜)
発売日 : 2019/6/26
JAN CODE : 4560342141039
ライブ会場にて先行発売中!

 
 
 

  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
The HIGH
2019年4月17日更新
第15回「LAST ONE OK?」
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年5月25日更新
第十二回「マニア道」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話