コラム
ロックは現場で起きてるんや!〜三原流ライブ参戦記〜
三原勇希
中学生の頃モデルとしてデビューし、tvkの音楽バラエティ番組「sakusaku」のMCを三年務めたのち、日本テレビ「シューイチ」でトレンドレポーターなどのお仕事をしてきました! おしゃれと体を動かす事が大好きな、自称かなりのアクティブ女子です。ライブやダンスも大好きです☆ 出身地:大阪府 血液型:AB 星座:牡羊座 趣味:おしゃれと呼ばれる物全般・料理・散策

十二時間目:誰よりも近い?! Rihwa ライブレポート!


テンションあがってます、8/4 ROCK IN JAPAN FESTIVALでの私です!
この日のフェスファッションのテーマは「ロック×ヒップホップ」。笑
服のサイズ感&テイストはロック!
ドアーズのジム・モリソンプリントのちびタンクトップ&ヴィンテージ風ショートパンツ。
そしてSTUSSYのハット&NIKEのエアフォースで
ヒップホップテイストをMIX!!!
 
 

7/12 Rihwa “Grrrr!!!” Live Tour 2013@渋谷 CLUB QUATTRO、
7/14 BBQinつま恋、
そしてこの8/4 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013 。
 

これ全部、この夏見たRihwaちゃんのライブです。
私、この夏Rihwaちゃんからいーっぱいpowerをもらってます!
Rihwaちゃんは、この夏デビュー1周年を迎えたばかりの
北海道発カナダ経由のシンガーソングライター。
彼女のまさに太陽みたいなひまわりみたいな、
ピュアで明るくて元気なところが大好き!
 

Rihwaちゃんと私は、
ポップコーン片手にブラックジョーク満載な映画を観に行ったり
bomiちゃんのライブに行って真ん中でノリノリで暴れたり(上の写真はこのとき!)
タイ料理を大量に食べに行ったり
ツリーハウスで飲みながらアツく語ったり

ふざけたことも、仕事やお洒落や色んなアツい話も一緒にできる貴重な友達です。
 

友達としてもアーティストとしても、尊敬できる大好きな人。
Rihwaちゃんのまっすぐなとこ熱いところ、
曲につまった苦労や想い、ライブまでの準備。
いろいろ感じていたからこそ本当に楽しみにしていた、ワンマンライブ
“Grrrr!!!” Live Tourは、そんなひいき目をぬきにしても「素晴らしかった」の一言!

※本誌レポート記事はこちら:

 

まず、圧倒されたのがRihwaちゃんの力強い歌唱力と堂々としたふるまい!
聴いていて引き込まれる。MCの時の声もなんだか太くてかっこよくなってる!
私が知ってるかわいいRihwaちゃんとはまた違って、すごく頼りがいのある感じ。
アーティストって、その要素とっても大事だと思う。お客さんに、「あぁこの人についていきたい!」って思わせるような力。今のRihwaちゃんは、この夏見た3回のどのステージでもそれがしっかりあってすごくかっこよかった。


Rihwa – CHANGE

ワンマンライブはとにかくセットリストが完璧でした!
一曲目は私の大好きな曲「CHANGE」でいきなりテンションMAX!
「Right Now」「Don’t be afraid!」Rihwaらしいアメリカンでカントリーなロックナンバーから始まり、英語で元気にかっこよく聴かせる!どこかアメリカンなジェスチャーを交えた身振り手振りがとってもチャーミング。
やっぱりRihwaちゃんの声と雰囲気にはこういう曲がとっても合う。

そして「ギルティ」でどきっ。こんなRihwa見た事なかったかも・・・色っぽい!声がとても雰囲気を出していて、歌い方や揺れ方もなんだかセクシーで、「ディキドンドン アォ~♪」っていう歌にゾクゾク。かなり好きでしたこの曲。

そんなふうにドキッとさせられた後にはMCが入り、またいつもの元気でキュートなRihwaちゃんに。
客席から鳴り響いた携帯の音に「あっ、携帯なってるよ!ぼよよーんって!これiPhoneだね!」と明るく反応するRihwaちゃんに、会場も笑いにつつまれました。
あなたね、そんなギャップ見せられたら・・・ほれてまうやろー!!!!!笑
 

MCではデビュー1周年を迎えたという話に、会場は今日一番のいっぱいのあたたかーい拍手!本当に本当におめでとう!
 

デビューから一年経って変わったことは、作曲にかける時間が長くなったというRihwaちゃん。それはこだわりがいっそう強くなったからだとか。以前は直感的、感覚的な部分を大切にしたり、自分の声が一番綺麗に出るメロディを軸に曲を作っていたけれど、今は曲をプロの人と一緒に作っていくようになり、曲で自分の「想い」をちゃんと伝える、ということを一番大切に作っている、と。


Rihwa – Last Love

フジテレビ系木曜劇場「ラスト・シンデレラ」の挿入歌として一躍有名になった「Last Love」。この曲のリリース前に、Rihwaちゃんと夜遅くまで私のお気に入りのツリーハウスで話した事がありました。Rihwaちゃんはそのとき作っていた「Last Love」について、この歌詞にはこういう意味をこめて書いているとか、自分はこう思うから曲は絶対こうしたいのだけど全部想い通りにはできない、でもスタッフさんたちとたくさんたくさん話し合って自分も今は本当に納得してこうなったんだ、という風なことを沢山話してくれました。
 

そんな話を聴いていて私はとてもわくわくした!曲作りや歌の世界のことは私にはわからないけど、Rihwaちゃんがこんなに一曲に対してひたむきに力を注いでるんだなってことは存分に伝わったし、改めてRihwaというアーティストが好きになった瞬間でした。そしてまだ世に出ていない、Rihwaちゃんが大切に育てた「Last Love」のこれからを思うとドキドキして、わくわくしてたまらなかった。アーティストって本当に素敵な職業だな~!


Rihwa – モンスターのかくれんぼ

と、話がそれましたがライブの話に戻ります。笑
私個人的に、特に今回のライブでぐっときたRihwaの魅力は、”声の緩急”と”歌詞に合わせたしぐさ”。
「モンスターのかくれんぼ」「約束」なんかは特に、静かなところで聴かせる切なくも力強い声にぐっとくるんです~!「愛する人も抱けないのに」という歌詞にあわせてギターを抱きしめるところでキュンとするんです~!
そういう声やしぐさでの表現で、伝わってくるものが倍増するよねっ。
 

ワンマンライブ後半は盛り上がりナンバーが続々!
堂々の”これぞRihwa”なカントリーロックテイストを、圧倒的な声量できかせてくれる。会場はもちろん大盛り上がり。楽しいっ!

アンコールでは夏らしさ満点の新曲「To: Summer」、そして私の大好きな曲「bird」。
一年前のワンマンライブで初めて「bird」を聴いたときは自分でもびっくりするくらい号泣。そして今回もやっぱりほろり。
「bird」は、カナダへの留学を経験したRihwaちゃんが、自分を育ててくれた両親はどんな気持ちで自分のもとから旅立たせたんだろう、って考えながら書いた曲だそう。この曲の、やさしくて大きくてあたたかい、まさに母なる海のような歌詞が本当に好きなんです。親元から離れた事のある人には特に響く曲なんだろうなぁ。
 

 

最後に、生の声で涙を堪えながら素直な喜びを語るRihwaちゃんにまたもらい泣き。
そういえば、ロッキンでのRihwaちゃんのライブを一緒に見た私の友達が「性格の良さとか明るさがひしひし伝わってくる人だね」って言った時は「そう、そうなの!!!」って私がめちゃくちゃ嬉しかったなぁ。そこがやっぱり、”シンガーソングライター” Rihwaの一番の魅力だと思うから。自分で曲を書いて、自分で歌っているから伝わるものがある。きっと誰もが応援したくなるはずだし、強く明るく前を向いて頑張っているRihwaちゃんに元気をもらえるはず!ワンマンは特に、本当に一人でも多くの人に見て欲しい!と思うライブでした。

ワンマンライブ終了後のRihwaちゃんと☆
おつかれさま!!!

 
 

最後にひとつ。この夏Rihwaちゃんの3つのライブを見て思うのは、フェスで見ただけでは、そのアーティストを見た気になっちゃ駄目だってこと。
もちろんフェスで見るライブもその時その場所ならではで素晴らしいものもたくさんあるけど、フェスで見られるものはそのアーティストの氷山の一角。Rihwaも、例えばKREVAONE OK ROCKもそうでした。好きだからこそ、もっともっとすんごいライブを見て来てるからこそ、一緒にいった友達に「めっちゃよかったね!」と言われると「ね、めっちゃよかったね!でもねワンマンはこの100倍はすごいんだよ!!!」と熱弁してしまいました。
 

みなさんも是非!Rihwaちゃんのワンマンライブ、体感してみて下さい♪

 


◆三原勇希 インフォメーション

≫NEW!! ・EASTBOY 広告出演中
http://www.eastboy.co.jp/

・小学館スペシャル増刊「&D」(2013年8月号) 発売中

・SUBARU軽「DRI美ING SUBARU」広告出演中
http://www.subaru.jp/kei/drivingsubaru/

・日本時計協会 スチール広告出演中

Photo Photo

・31アイスクリーム「こんなときにサーティワン篇」CM出演中!
http://www.31ice.co.jp

・GALAXY S III α/GALAXY Note II PLAYERS’ HEAVEN 出演中!
http://www.samsung.com/jp/playersheaven/

・毎月20日発売
写真専門誌「月刊カメラマン」
2013年1月号~12回
魚住誠一さん連載ページに登場。

 

◆三原勇希 オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/yuki-de/

BEEAST presents 三原勇希のロック女子会vol.1
http://www.beeast69.com/report/62822
sakusaku 4代目MC・三原勇希に突撃取材!
http://www.beeast69.com/serial/sociology/29232



  コラムニスト
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年7月22日更新
第六回「虫嫌い」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年8月10日更新
第15回「TAKA」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年7月1日更新
その6「SUMMER TIME」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話