コラム
トラベリン・ギターマン・日記
ウルフルケイスケ
「ミスタースマイル」の異名を持つ日本唯一の笑うギタリスト。ウルフルズのギタリストとして、1992年シングル「やぶれかぶれ」でデビュー。ウルフルズ活動中より、他アーティストのレコーディングやイベントに多数出演。 ウルフルズ活動休止中は、不思議でステキな出会い=マジカル・チェインをテーマに、ギターを担いでひとりで全国を周る。2014年のウルフルズ再始動後も、弾き語りスタイルのソロからバンド形態まで、自由でオープンなスタンスをとりながら、シンプルでご機嫌なロックンロールを展開中。

五旅目:愛媛八幡浜「スモーキードラゴン」


愛媛県の南西部、海を挟んで九州が見えそうな場所に八幡浜はある。
初めて行ったのは2011年9月、リクオ君との二人旅でスモーキードラゴンへ。

各地にライブを主催してくれる熱いロック魂を持った人がいるが、
その中でもベスト3に入るくらいの熱過ぎる男w 梶虎君に迎えてもらった。
 

八幡浜のご当地グルメはちゃんぽん、
といっても長崎ちゃんぽんとはまた違う醤油味のスープ&ストレート太麺のもの。   
50軒位あるらしく着いた早々、
創業昭和23年という丸山で初めて食べたがかなりの美味だった。
そこでしか食べられないものを食べられるのも旅の楽しみ。
 

 

梶虎君が大事に育ててきたロックの芽が八幡浜には確実に育っていて、
小さな町だがライブは大入り満員の大盛況。
型にはまらない自由な感じで
老若男女それぞれが音を楽しんでくれている空気感が素敵。

スモーキードラゴンマスター夫妻や
地元スタッフのみんなの手作りの協力も本当にありがたい。
ライブの時はいつも、
しほ屋さんが刻印いりの特製パンを差し入れしてくれて入り口で配られる、
これまたありがたい。

2013年には3月にソロで、
7月にMAGICAL CHAIN CLUB BANDで、年2回八幡浜へ。
まだまだ付き合いは続いていきそうな八幡浜との縁。
 

ul00

日本のはずれの小さなマチに音楽を楽しむ場所と人がいて、
それぞれが自分の音を楽しんでいる。

大事なのはカタチじゃなくてキモチ、
まだ見ぬ音を探しにマジカル・チェインの旅は続く。

 
■Smoky Dragon
愛媛県八幡浜市千代田町1461-1
http://music.geocities.jp/smokydragon2002/


★NEW!!★ MAGICAL CHAIN ひとり SPECIAL~2014春~
5月31日(土)@東京・下北沢440 ツアーファイナルのライブレポを公開中!

http://www.beeast69.com/report/107196
 

◆ウルフルケイスケ ライブインフォメーション
MAGICAL CHAIN ひとり SPECIAL at 石巻
・2014年08月02日(土)【宮城】石巻 フィッシュ ボーン
出演:ウルフルケイスケ

三宅伸治 Presents 希望と太陽のロックフェス2014
・2014年09月07日(日)【宮崎】都農ワイナリー特設ステージ
出演:三宅伸治BAND / 山崎まさよし / 石塚英彦 / ウルフルケイスケwithアッコwithシシドカフカ / 中村耕一 / Nice Middle with New Blue Day Horns ・・・and more!!

 
◆ウルフルズ活動再開!最新情報はHPへ
http://www.ulfuls.com/

◆ウルフルケイスケ Official Website
http://www.ulfulkeisuke.com/
◆ウルフルケイスケ Official Twitterアカウント
https://twitter.com/ulfulkeisuke
◆ウルフルケイスケ Official Facebookページ
https://www.facebook.com/uk0523


  コラムニスト
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2017年5月13日更新
第三回「骨折の話」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2017年4月8日更新
第13回「HARUMI」
木暮“shake”武彦
木暮“shake”武彦
2017年1月20日更新
その5「惑星にて」
高橋浩司
高橋浩司
2017年4月5日更新
第11夜「エネルギー」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2017年3月14日更新
Progressive Man 第37話