コラム
JunkoのHollywood Confidential
ジュンコルイス
ロックスター「フィリップルイス(L.A.GUNS,ex GIRL)」の妻にして生粋のロック姉さん。 国内外のロックシーンを網羅し、ロックな日常をハリウッドにて送っている。バンドとともにツアー同行したり、世界中のロックファンと接点を持っている。

Confidential File No.9


皆さんこんにちは。b1すっかり夏らしい暑さになりましたね。だいぶ経ってしまいましたが、まず4月末にネバダ州ラフリンへLA Gunsと3泊4日で行って来たバイク・フェスティバル『Laughlin River Run』からご報告します。

写真1枚目はこのイベントのポスター。LA GunsVan Halenのトリビュートバンド等と共にPioneer Hotel & Gambling Hallの駐車場の特設ステージで3日間コンサートをしました。

写真2枚目はステージ脇で出番を待つメンバー達。ライブ風景は3・4枚目を見て下さい。毎晩沢山のバイカー達やロックファンが集まりとても盛り上がりました。

LA Guns Set List ~April 2010~
b201:No Mercy
02:Gypsy Soul
03:Sex Action
04:Never Enough
05:Over The Edge
06:Wheels of Fire
07:One Way Ticket
08:Some Lie For Luv
09:Sleazy Come Easy Go
10:Hellraisers Ball
11:Show Down
b312:One More Reason
13:Electric Gypsy
14:Ballad of Jayne
15:Rip N’ Tear
16:Kiss My Love Goodbye(encore)
17:I Wanna Be Your Man(encore)

このフェスティバルでの演奏曲目は以上の通り。数曲変更していた日もありました。昼間はTシャツやバイクグッズなどを売るいろいろな露店を見て回り、ちょっとしたショッピング。

b4駐車場にはアメリカ各地から集まったご自慢のかっこいいバイクが所狭しと並んでいて見とれてしまいました。写真は5枚目です。

写真6枚目は、イベントの一部にバイクのスタントをやっている若者達、American Hellridersのショーがあったのでフィルと見に行きました。一歩間違えたら大怪我をするような事を樽型のステージの中でヘルメットもかぶらずにやっていたのでハラハラしました。映像は彼らのウェブサイトで見れます。
http://www.americanhellriders.com/

b5実はこのショーに出演していたお兄さん達は皆LA Gunsのファンで、毎晩コンサートを観に来てくれていました。それと、毎回このラフリンに来る度にステージを共にしているFreak ShowのSes Carnyさんとも再会しました。ナイフを飲んだり釘を鼻に刺したり、相変わらず体をはった芸で頑張っていました。
http://www.myspace.com/sescarny
(注意!皆さん、決して彼の芸を真似しないでください。)

b6Ses CarnyさんやAmerican Hellridersの皆とはすっかり意気投合し、一緒に朝方まで飲んだりしてとても楽しかったです。写真7枚目です。皆さんには怪我のないようにこれからも頑張ってもらいたいです。

私達の隣のホテルの仮設ステージでAerosmithのトリビュートバンド、Aeromyth(エアロミス)で出演していたChris Van Dahlさんとも、このラフリンで偶然会いました。Chrisは以前フィルが一時期バンドを脱退していた時にLA Gunsのボーカルを努めていた人です。

b7フィルは彼ときちんと挨拶をした事がなかったそうで、この時お互い自己紹介しましたが、とても感じの良い人でした。写真8・9枚目。

私は実は昔、Chrisの歌うLA Gunsを観た事があったのですが、当時の彼は思いっきりヘヴィメタルのイメージで歌い方も重々しかったのに、今はSteven Tyler本人と間違うくらいの変貌ぶりです。

ステージでのアクションも衣装も全て念入りにコピーされていて、まるで本物を観ているかのようなステージでした。
b8フィルと一緒に楽しみました。皆さん要チェックです。
http://www.aerosmithtribute.com/

ラフリン最後の夜には高級レストランに招待され、皆でロブスターやカニなどを食べました。写真10枚目です。楽しい出会いが沢山あり、バンドの皆とも更にファミリーとしての絆が強まったような、本当に思い出に残るイベントでした。

すっかりラフリンの話が長くなりましたが、その後LA Gunsは5月にブルガリア&ルーマニアにもツアーに行きました。私は同行できなかったのですが、なかなか興味深い旅になったようです。b9

ブルガリアではKavarnaという市でプレイしたのですが、そこの市長さんがロック好きで有名なようで、街中至るところのビルの壁にはロックスターがペイントされていたようです。写真11枚目はBilly Idol。次回戻って来る時までにはLA Gunsも壁にペイントさせておくよ、なんて冗談にしろ嬉しいお世辞も言ってくれたそうです。

b10バンドの皆はその市長さんと共にお食事もしたそう。Kavarnaでは屋外ステージでライブをしてとても盛り上がったようで、その模様はYouTubeで“LA Guns Bulgaria”で検索するとたくさん出て来ますが、例えばその中の1つはこちらです。

LA Guns “Over The Edge” Live in Kavarna, Bulgaria
http://www.youtube.com/watch?v=FtHk8Iy3VOsb11

盛り上がったブルガリアに比べて、ルーマニアでは食料品のフェスティバルのゲストでちょっと場違いだったようです。(笑)敢えて写真掲載は遠慮しておきますが、ステージのバックには何かのキャラクターであるチキンが描かれていたようで、どんなに格好つけた写真にもふざけた鶏の顔がバックに写っていたので笑ってしまいました。イメージダウンになるので皆さんのご想像に任せます。海外では特に、現地に行ってみないとどんなコンサート会場なのかわからない事がいっぱいあります。

6月になってもLA Gunsは毎週末アメリカ各地のフェスティバル等に飛び回っています。大きなものでは6月19日に東海岸での”M3 Rock Festival”にScorpionsCinderella等と共に出演しました。
http://m3rock.webs.com/

この夏も更にいろいろな場所で公演する予定です。フィル個人としては7月10日にScotty Griffin(元LA Gunsのベーシスト)のおヒゲのバンド、Nawgahyde(ノーガハイド)のゲストとしてLas Vegasに呼ばれています。彼らは70年代のカバー&ファッションをしている面白いバンドです。
http://www.myspace.com/nawgahyde

次のコラムではその報告などを書く予定です。それでは皆さんまた次回まで。。。


  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
ウルフルケイスケ
2020年10月2日更新
四十二旅目: 広島・OTIS!
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話