コラム
もう一つのアニソン文化~EIZO Sakamotoが地球の裏側で見たものは
EIZO Sakamoto
1985年ANTHEMのヴォーカリストとしてメジャーデビュー。抜群の歌唱力でロックシーンにその実力を知らしめた。1996年には衝撃のアニメタルでブレイク、お茶の間にもその存在が広く知れ渡ることになる。2009年よりソロプロジェクトとしてEIZO Japanをスタート。日本国内だけでなく、海外(特に南米・中米)での演奏活動を積極的に行っている。2013年にはアニメタルの再来、哀旋士を結成してさらなる活動の場を広げている。その他、アコースティックの弾き語りによる一人LIVEも、定期的に実施している。

EIZO Sakamoto 第6巻


皆様 いかがお過ごしでしょうか?

私は2014年7月にブラジル、そして11月にはベトナムに行ってきました。
ブラジルは“アニメフレンズ”という南米での巨大イベント。

さかのぼること10年前の2004年、初の南米でのライブイベントが、この“アニメフレンズ”でした。

2003年に、この“アニメフレンズ”の一回目のイベントが開催されて、影山ヒロノブさん、串田アキラさんらが出演。
2004年の2回目は影山さん、遠藤正明奥井雅美、そして私が呼ばれました。

私に、このオファーが来た時、誘ってくれた影山さんに言われた言葉が、「地球の裏側に日本人に負けないくらい、いやそれ以上のアニソン愛を持った人たちがたくさんいる」と。

そして南米発上陸。
その初ステージから、又サンパウロ滞在で、私は南米の虜になってしまいました。

当時はまだそれほど巨大なイベントではなかった“アニメフレンズ”も回数を重ねるたびに巨大なイベントになってきました。
自分自身も南米初ライブから10年。

節目の10年目に。この“アニメフレンズ”に出演できたことはとても光栄でもあり、ステージは7月25日26日は ブラジル フォルタレーザでのSANAというイベント、そして27日はサンパウロでの“アニメフレンズ”。

SANAでは2008年に共演した元ANGRAのエドゥのバンド Almahと一緒でした。
久しぶりの再会でした。
これも何かの縁ですね。

ということで私にとっても意味のある10年目のブラジル。
写真でお楽しみください。

B1
B2
B3
B4


そして、南米10年の一区切りついたところで、次はベトナム。

Gypsy QueenAKI氏からお誘いを受けまして、まずは2014年6月代々木にて行われましたASEAN Fesに出演し、遂にベトナム初ライブとなりました。

ともかくエネルギーに溢れた国です。
南米とはまた一味も違う刺激がいっぱいありました。

2004年に、初めてブラジルでライブを行った時のような、新鮮な興奮がありました。

きっとこのベトナム公演も、ASEANとの付き合いの第一歩となる予感がしています。
写真から伝わる熱気を感じていただければ幸いです。

ということで今回は、2014年7月のブラジル公演、11月のベトナム公演を写真で振り返ってみました。

V2
V3
V4
V5
V6
V7
V8
V9
V1
V10
V11
V12


さぁ次の国はと言いますと、
今度は2015年5月エクアドルです。
初上陸です。

どんな出会いがあるのでしょうか?

またこのコラムにてレポートさせていただきます。
 
 
EIZO Sakamoto
 


  コラムニスト
戦国★コンプレックス
戦国★コンプレックス
2022年10月30日更新
第8回「鎌倉見仏記」
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話