コラム
CANDY GO!GO! “渋谷”で、培ってきたそれぞれの10年間
CANDY GO!GO!
渋谷系ガールズロックユニット『CANDY GO!GO!』は2010年より活動スタート。都内渋谷エリアを中心に月間20本以上のライブ本数をベースに、全国に活動を広げている要注目のユニット。秋葉原で活動することが軸であったアイドルシーンに一石を投じ、渋谷エリアでのアーティスト活動を軸とした”ライブアイドル”という言葉を生み出した先駆者的な存在。アイドルの可愛らしさとガールズロックの格好良さをミックスした【アイドロック】という彼女達なりの音楽スタイルを形成、メンバー全員が曲ごとにメインボーカルを担当し、コーラス&ダンサー、楽曲の作詞などの全てを手がけ、数々のシーンで話題を呼んでいる。2015年の赤坂BLITZワンマン公演を成功させ、同公演にてテイチクエンタテインメント・インペリアルレコードからのメジャーデビューを発表。メジャー第1弾シングル「overdrive / 大切なお知らせ」はオリコンデイリー4位 ウィークリー8位を記録している。その後、シングル3作、フルアルバムを1作発表。2018年4月8日にONEtoONE RECORDSより,通算14枚目のシングル「HONEY TRAP」(フジテレビ系 魔女に言われたい夜 EDテーマ)を2000枚限定でリリース、即完売。同年10月30日には最新シングル「Fake News」(フジテレビ系 音楽情報番組Tune EDテーマ)をリリースしている。

第2回「菜月アイル」


第2回は、2013年の4月に加入した菜月アイルです。
あっという間にCANDY GO!GO!(以下CANDY)歴7年になっていました(笑)。

2

CANDYは実力主義なところに惹かれました。

自分なりにこの業界でやっていくための努力をしてきましたが『アイドルっぽくないからしょうがない』『いるだけでいい』という言葉に片付けられてしまう自分が本当に嫌でした。

そして自分の存在価値を見失い迷った挙句、私は一旦この活動をリセットすることを決めました。
 
 
色々模索してる時に、CANDYに声をかけてもらったのですが、グループ活動をするにあたってこの2つの言葉が頭に過ぎりました。
その時にはすでに21歳。報われない努力はもうしたくなかったのです。

1年考える期間をいただき、ソロ活動をしながらこれからの自分について考えていました。

でもやっぱりステージで歌い続けたい!という気持ちは変わらなかったので、アイドルすぎない、ロック路線にシフトチェンジをするという時期にCANDYへの加入を決めました。
 
 
でもそこからが地獄のようでした(笑)
元々出来ているユニットというのは持ち曲が既にあり、ユニットの色も形もしっかり出来ていたため、馴染むのも、曲を覚えるのも、ダンスを覚えるのも大変でした。

当時は会場に足を運びライブ動画をとり自己練習して先輩方に見せていくスタイル。
OKをもらえたら次にとりかかる。

そしてデビューステージ日が決められて、その日に向けて出来るだけ多くの曲に出れるように沢山の曲を覚える。肌荒れとストレスがすごかったですww
そう考えるとあの時期が一番太っていました。
 
 
ほぼ毎日のように動画を見ながら練習していて、早く対等にライブに出れるようにと無我夢中で。
ストレスの吐口が、ご飯やお菓子を食べることしかありませんでした。

まだメンバーとの距離もあり、お互いが探りあってるような感じだったので、中々弱音も吐けず、家での爆食でスッキリさせていたのでw、そりゃあ太りますよ。
まぁ、今になればいい思い出ですが(笑)
 
 
CANDYも日々進化していき、やり方もだいぶ変わり、今の形がやっと定着してきたような気がします。

もちろん昔も大事ではありますが、しっかり『今』と『未来』に向かって全員で歩んでいけたらと思います。

この10年決して枯れなかったCANDY。そろそろ花が咲くと思います。それはどんな花なのでしょうか。楽しみにしていてください。
 
 
以上、菜月アイルでした。
 


Official Website:http://candygogo.jp


 
 


  コラムニスト
The HIGH
さかもとえいぞう
2019年5月30日更新
人生の宿題その4(最終回)
mondo
中村 “MR.MONDO” 匠
2019年11月23日更新
第十三回「一問一答 Part.2」
PINK SAPPHIRE
PINK SAPPHIRE
2019年4月3日更新
第20回「AYA」
永川敏郎
永川敏郎(Toshio Egawa)
2019年5月29日更新
Progressive Man 第42話